地球温暖化により極端に寒くなる日が増えた?相反するように見えるが、地球規模で見ればつながっている現象だった!

人間が排出する温室効果ガスにより地球温暖化が進んでいると言われています。ですが、ある特定の地域を見ると、極端に寒くなっているという現象が見られるようです。温暖化なのに寒くなる?相反するこの現象は実は異なるものではなく、温暖化により起こる気候変動が原因だったと報告されました。

スポンサーリンク

地球温暖化の影響

2016年の6月は観測至上最も暑い月となった。

一つの原因として、人間の生活による地球温暖化が挙げられるが、地球温暖化が影響を与えるのは暑さだけではなかった。

ある地域では地球温暖化が原因として、気温が急激に下がっているらしい。

例えばアメリカ東部では、最近では極端に寒い冬になり、またアメリカ西部では極端に暖かい冬となることが多いという。

スタンフォード大学の研究チームが過去の35年間の気温変動を検討したところ、2013年から2014年にかけての冬と、2014年から2015年にかけての冬において、アメリカ東部と西部で極端な温度差が見られた。

社会や経済への影響

気候変動による社会への影響は大きい。

例えば過去3年間で見ると、アメリカ西部とアメリカ東部の北極圏における干ばつが経済に打撃を与えた。

その損失額は数十億ドル、日本円では数千億円にもなるという。

また冬においても、例えば急激な寒波や吹雪など、経済に与えるものは少なくない。

そしてこのように短期間の急激な気候変動だけでなく、熱波や寒波が長期間続くことによる社会や経済への影響も見過ごすことはできない。

もしこのような急激な気候変動のメカニズムが解明され、気候変動の予測が立てることができれば、施政者は例えばインフラの整備や防災の準備など様々な対策を施し、社会や経済への影響を最小限に食い止めることができるかもしれない。

実際に何が起こっているのか?

そこで研究チームが1980年から2015年のアメリカ東部と西部の気温に関して調査を行ったところ、アメリカ東部において寒い日が、また西部においては暖かい日が増加しているという結果を得た。

それに加えて天気図の等圧線を調査したところ、東部と西部の気温の差が激しい日には、気圧の差も大きく差が開いていることが明らかとなった。

これはアメリカの東部と西部という遠く離れた場所の気候が違いに影響しあっていることを示している。

また地球規模で長期的に温暖化が進んでいるのにもかかわらず、幾つかの地域においては、通常よりも気温が低くなるという現象を観測している。

これは北極や南極から特異な気候の循環が起こり、これまでとは異なる気候を作りだしているのだという。

これまでにはこのような極端に気温が低下する地域があるということは、地球温暖化は進んでいないという人々の証拠として使われていた。

だがこの数十年で人間の生活が原因により、地球全体の大気の流れが乱され、その結果として、アメリカでは西部がより暖かく、東部がより寒くなるという現象を作りだしていると考えられる。

気候変動の今後とは?

このまま21世紀の間中ずっと地球温暖化が進むと、現在観測されている東西の極端な気温差というのは次第に無くなってくるという。

それは気候が安定したという良いものではなく、地球全体が暑くなり、アメリカ東部の気温が上昇することにより、気温差が見られなくなることからそのような状況になる。

だが当分の間は現在見られるような極端な温度差が観測されるという。

地球温暖化という言葉から、気温の上昇ばかりに目がいってしまいがちだが、温暖化により寒くなる地域があるという大きな気候の変化においても調査を続ける必要があるだろう。

天気図を見ると分かりますが、気圧が高い地域の横には、気圧が低い地域があり、全体として大気は循環しているということがわかります。そう考えてみると、極端に暑くなる地域があれば、どこかに極端に寒くなる地域が出てくるというのは十分に考えられることでしょう。また寒くなっている地域があるという一つの現象を見て、地球温暖化は起こっていないという結論を出すのではなく、何故寒くなっている地域があるのか、地球温暖化が気候に対してどのような影響を与えるのかといった本質をしっかりと調査する重要性を認識する必要があるでしょう。様々な政策や技術により、なんとか食い止めようとしている地球温暖化。改善する方向へ進んでほしいと願っています。

元記事はこちら(Extreme-weather winters are becoming more common in U.S., Stanford research shows)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

気候の変化が石器時代に革命をもたらした?いや実はそうじゃなかった!という研究
人間は次々と新しいものを作り出し、その生活を豊かにしています。それは現代も古代も同じ。石器時代には、気候変動が起こり、それが引き金となって、新しい...
パリ協定の目標を達成するには、まだ努力が足りない?地球温暖化を食い止めるには、さらなるサステナブル社会へ
地球温暖化が叫ばれてだいぶ経ちますが、世界各国でなんとかしようと努力がされているようです。ですが現在の各国の温室効果ガス削減目標値では、地球温暖化...