高血圧だけでなく低血圧でも心不全や心臓発作のリスクが高まる?!22,000人の患者の追跡調査の報告

手軽に測定できることから、日々の健康の指標として用いられている血圧。塩分の過剰摂取や喫煙、飲酒、ストレスが原因で高血圧となると、心臓病や脳卒中などの健康リスクが高まることが広く知られていますが、だからと言って低ければ良いというものではないようです。

スポンサーリンク

血圧

ポンプの役割をしている心臓から、身体中に張り巡らされている血管を通じ、全身の細胞へと届けられる血液。

一回の拍動により送り出される血液量は約70 mlほどであり、その圧力により血管では拡張・収縮が起こる。

この時の血液の圧力を血圧という。

血圧を測るのには、昔から水銀柱が用いられ、高さ1 mmの水銀柱が与える圧力を1 mmHgと定義されている。

人間での正常範囲は、血管が収縮した時の血圧(収縮期血圧)で130 mmHg未満、拡張した時の血圧(拡張期血圧)で85 mmHgとされている。

収縮期血圧が140 mmHg、拡張期血圧が90 mmHg以上となると高血圧と診断され、虚血性心疾患や脳卒中、腎不全などの健康リスクが増大する。

また収縮期血圧が80 mmHgを下回った場合は、低血圧と呼ばれ、頭痛やめまい、不眠、不整脈などの症状を起こす場合がある。

低血圧で増大する健康リスク

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、低血圧の人は冠動脈疾患のリスクが増大するかもしれないと報告した。

研究チームは、2009年11月から2010年6月の間に22,672人の冠動脈疾患の患者に協力を要請し、その後5年間調査を行った。

その結果、高血圧の患者において、心臓発作や卒中のリスクが高まることが示唆された。

これまでにも高血圧とこれらの疾患の関連性は広く知られているが、今回の調査で明らかになったのは、むしろ低血圧の患者の健康リスクだ。

低血圧の人においては、心臓発作や心不全のリスクが増大していたのだ。

ただし卒中に関してはリスクは低下していた。

この研究により、冠動脈疾患の患者に対し、血圧を下げる薬による治療は注意すべきだと考えられる。

何事も極端なのはいけないという例の一つではないでしょうか。多くの人が高血圧で健康を害したり、最悪の場合亡くなったりしていますが、その一方で低血圧で悩んでいる人もいることを忘れてはいけません。

私自身は高めの血圧なのですが、まだなんとか高血圧まではいっていません。ただ血圧を測るときに気になっているのが、測定のブレが大きいこと。ほんの少し姿勢を変えたり、深呼吸をするだけで血圧が下がることがあるというのは、どこまでその測定の値を信じていいのか分からなくなります。特に健康診断ではその一時の測定で高血圧だと診断されてしまうので、私のように高血圧のボーダーラインに近い人にとって、本当に信頼できる診断となるのでしょうか?

近年ではウェアラブルデバイスも続々と出てきており、日々の運動力を測定できるようになってきています。そのウェアラブルデバイスには血圧も測定できるものもあります。もしかしtら将来、このようなデバイスである一定期間血圧をモニタリングして、高血圧の診断を行うようになるのかもしれないと思っています。

そしてもう一つ。ヒトの身体はそれぞれ違うので、もともとの体質で高血圧気味の人もいれば、もともと低血圧気味の人もいるはずです。それなのに画一的に収縮時血圧が140 mmHg、拡張期血圧が90 mmHgを超えると高血圧といわれてしまうのは本当に正しいものなのか疑問をもっています。

むしろ血圧の上昇率、例えば1年のうちに何%血圧が上昇すると健康リスクが高まりますなんて調査はないのだろうか、そしてそんな診断方法はされないのだろうかと思っています。確かに現状では患者の手間は増大するので、採用されることはないでしょう。ですがウェアラブルデバイスが発達し、常時、そして長期間血圧をモニタリングできれば、違った観点で血圧と疾患の関連性が見えてくるのではないかなと思っています。

血圧と疾患に関しての知識は私にはあまりないので、もしご存知の方がいらっしゃったら、教えてください!(自分が高血圧に近いので、それを認めたくないあがきだったりします)

元記事はこちら(Low blood pressure may be associated with heart attack risk in some patients)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

地中海式ダイエットのような健康的なダイエットを行うことにより、アルツハイマー病の予防ができるかもしれない?!
歳をとるとどうしても脳の機能も落ちてしまいます。でもそれがアルツハイマー病だった場合、健康的な生活を営むことで、予防できる可能性が示唆されました。...
長時間労働は心臓病のリスクを高める?!統計調査により分かった労働時間と身体への影響とは?
「24時間働けますか!」というCMが昔ありましたが、どうやら人間はそこまで働けないようです。長期間の調査により、労働時間とその健康への影響が明らか...