Instagramに投稿された自撮り写真のうち、10%は自分を売り込むためのものだった?!〜セルフブランディングという宣伝手法〜

Instagramを使っている人も多いかもしれませんが、Instagramにどのような写真がアップロードされているのかということも社会を知る上で重要な研究になり得るようです。Instagramと社会、そして研究には一体どういう関係性があるのでしょうか?

スポンサーリンク

Instagram:インスタグラム

みなさんはInstagramというウェブサービスをご存知だろうか?

有名なサービスなので、名前だけは聞いたことがあるという方も多いことだろう。

InstagramはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで撮影した写真を共有することができるソーシャルネットワークサービスだ。

専用のアプリでは、撮影した写真を手軽に加工することができ、その写真はInstagramだけでなく、FacebookやTwitter、Flickrなどの他のソーシャルネットワークサービスに投稿することも可能である。

2010年10月6日にサービスが開始されて以来、世界中で利用されており、2016年4月の時点でユーザー数は1000万人を超える人気アプリの一つだ。

10%はセルフブランディングのため?

オーストラリア国立大学の研究チームは、Instagramに投稿された写真のうち5,000点以上を分析し、どのような写真がアップロードされ、どのような人が利用しているのかの集計を行った。

その結果、75%の写真は女性が自分の写真を撮影したセルフィーや自撮りと呼ばれる写真であることが明らかとなった。

セルフィーの写真をアップロードしているユーザーのうち10%は自分を売り込むため、つまりセルフブランディングを行い、フォロワーを獲得するためだと考えられる。

多くのフォロワーを獲得できれば、自分の商品を販売したり、ネット上で大きな影響を与える存在となることも可能なのだ。

このように自分を売り込む手法は、スモールビジネスにおいては重要になりつつある。

500人や1000人といった通常のビジネスでは少なく感じるかもしれないが、InstagramのみならずFacebook、Twitterなどのソーシャルネットワークサービスを通じて、ネット上に広く拡散することを考えると大きな影響があると考えられる。

またセルフィー写真をアップロードしている残りの90%の人はそのような目的ではなく、日常を共有するために写真をアップロードしていると考えられる。

セルフィー写真の分類

そのセルフィー写真はそれぞれの状況において、以下のように分類されている。

自伝的セルフィー(35%)

卒業や結婚などの人生において大きなイベントだったり、ショッピングや食事のような日常生活を記録するため

恋愛セルフィー(21%)

誰かと恋愛したり、別れたりなどのイベントを記録したもの

パロディー的セルフィー(12%)

見た人を楽しませるようなジョークやパロディーに富んだもの

宣伝用セルフィー(11%)

フォロワーを獲得したり、コミュニケーションを取ったりするためのもの

アート的セルフィー(9%)

芸術を表現するためのもの。使用したカメラやレンズなどの情報をハッシュタグに埋め込み、どうやったらこの写真が撮影できるかというテクニックなども記載されていたりする

自助的セルフィー(7%)

ダイエットや運動、美容などの特定の分野の情報を記録し共有するためのもの

旅行におけるセルフィー(6%)

旅行先でのポストカード的に利用されるもの

SIGでもTwitterとFacebookとはてなブックマークに新着記事や過去記事を掲載し、なるべく多くの方の目に止まるように宣伝を行っています。そのような経路でSIGに来ていただいた方もいることと思います。宣伝というと、テレビCMだったり、ポスティングだったりを思い浮かべるかもしれませんが、なかなか個人では金銭的にも労力的にもそのような手法をとることはできません。ですが、現在では多くのソーシャルネットワークサービスが存在し、無料で、または数百円といった少額でも宣伝を行うことも可能となっています。

インターネットが発達するにつれ、個人でできる活動の幅が広がり、そこから金銭を得ている人も多いことでしょう。個性の重要性が取り上げられている現在、インターネットを使い、自分を売り込むということは、一つの重要な手段となっているわけです。

SIGでは残念ながら写真を撮影し、アップロードすることはほぼないので、Instagramと連携するという手法は取っていませんが、今後、そのような機会があれば、Instagramも利用してみたいなと思っています。

元記事はこちら(Selfies are more than a form of vanity)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ディープラーニングを用いてコンピュータを学習させ、写真の中の欲しい商品を調べるシステムの構築!
写真の中の商品が欲しいけれども、これがどこで売っているのか、どういう商品なのか知りたいと思ったことはありませんか?現在のシステムでは、名前や型番が...
衛星写真から地下水を計測するアルゴリズム〜InSARを用いて〜
衛星写真から見えないものを測定する技術が開発されています。もともとはNASAが開発していたものですが、さらに進化を遂げているようです。...