コンピュータに”人間らしさ”を加える鍵は”難しい”と感じる直感力にあり?!人間らしく考えるコンピュータを目指して!

年々、コンピュータの処理速度は向上していますが、まだまだ人間が考えるような知性をもったコンピュータは現れていません。より人間らしいコンピュータを作るためには、一体コンピュータに何を教えたらいいのでしょうか。その一つはある問題に直面した時に、いかに”難しい”と直感的に判断できることなのかもしれません。

スポンサーリンク

コンピュータで悩み方を解析する?!

メルボルン大学の研究チームは、コンピュータ科学を用いて人間がどのように悩み、どのように問題を解決していくのかを解析している。

我々を悩ます問題は日々生まれては消えていく。

例えば、退職後のために投資をしておこうという人生にとって大きな問題から、今日は誰のFacebookを見ようかといった些細な問題まで様々である。

このような問題はナップサック問題とも呼ばれる。

ナップサック問題とはある容量のナップサックをもっている時、そこにどのような荷物を詰め込むのがベストかという問題である。

投資であれば、現在の貯金額によってどのように投資をしたらベストか、株式を買うのか、投資信託をするのか、FXをするのか、さらにはどんな銘柄を買うのか、自分の財政状況に応じてベストな選択をしようとするだろう。

人はどのような状況において、どのような選択をするのだろうか?

それを解析することにより、コンピュータに人間のような考え方をさせるというのが、研究チームの目的だ。

コンピュータにとっての難しさと人にとっての難しさ

研究チームは20人の被験者に様々な難易度の8つのナップサック問題を与え、被験者がどのように難しさを判断したのかコンピュータが追跡することができるか、また人の直感や賢い問題解決手法がコンピュータの問題解決の手法をより簡単にすることができるかを検討した。

その結果、被験者は偶然よりも高い確率で問題を解くことができたが、コンピュータにとってより複雑なことは、人間にとっては同様により難しい問題であることがわかった。

これは我々が日々悩んでいるような何にリソースを割くかという悩みに対して、我々は様々なアプローチをしたり、知的な発見や新しいイノベーションを共有することで問題を解決しようとするが、結局は単に我々にとって複雑すぎて、解くことができないということを証明したに過ぎない。

しかし、人々がコンピュータに勝っていた点が一つある。

被験者はより難しい問題に直面した時、その問題を解こうとより努力し、その問題の難しさを感じ取ったのだが、コンピュータでは単にその問題が解けたかどうかを示してくれるだけである。

もしコンピュータが人間が感じるような難しさを感じ取れるようになった時、コンピュータはより人間のようになるのかもしれない。

最近では将棋や囲碁、チェスなどの世界的選手がコンピュータに敗れるというニュースを聞くようになりました。しかしながら、そのコンピュータたちは自分で考え、ゲームをしているというよりは、これまでの数多くのゲームを全て記録し、ある駒を動かすと次に相手がこうきて、そして自分がこう打ち、と総当たりでゲームの終わりまで”計算”をして、次の一手を決めているのです。そういう意味では、ゲームというある一定のルールがあり、これまで数多くのゲームが記録されているからこそ、コンピュータは強いわけなのです。

そのように記憶する、総当たりをするということにかけては人間はコンピュータに太刀打ちできなくなってきています。ですが人間が見て、聞いて、感じて、思案してといった全てのことをしている脳の動きをコンピュータで計算させようとすると、日本が誇るスーパーコンピュータ「京」を用いても、40分の計算でわずか1秒の脳のシミュレーションしかできません。つまり人間のように見て、聞いて、感じて、思案するということを全てコンピュータで行うというのはまだまだ無理があるのです。

その一つが今回の問題をいかに”難しい”と感じるかということにあるのでしょう。もしある問題を人間が難しいと感じたら、違ったアプローチをしたり、他の人の知恵を借りたりと、多面的に問題を解決しようするでしょう。ですが、コンピュータはそのように感じることができません。あくまでもある一定時間内に問題が解決できるかどうか、できないからといってプログラムされた以上のことはできません。ここに人間とコンピュータの大きな差があることでしょう。

今後、人工知能を乗せたデバイスや車がたくさん市場に出てくることでしょう。ですが、まだまだ人間に有利な場面というのはたくさんあるはずです。いかにして人工知能と人間がうまく付き合い、互いに補っていくのか、それが今後の社会が成長する鍵となることでしょう。

元記事はこちら(Computer ‘brains’ solving mysteries of human behaviour)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ディープラーニングを用いてコンピュータを学習させ、写真の中の欲しい商品を調べるシステムの構築!
写真の中の商品が欲しいけれども、これがどこで売っているのか、どういう商品なのか知りたいと思ったことはありませんか?現在のシステムでは、名前や型番が...
コンピュータがあなたの文字を完璧に再現?!機械学習を経て、手書きを複製できるプログラム?!
あなたの文字をまねることのできるプログラム?!公式文書にサインをするのも、手書きのメッセージを送るのも、これからはコンピュータの時代が来るかもしれ...