グリア細胞の活動が、食欲をコントロールしている?!脳の支持材だと思われてきたグリア細胞の新たな一面!

脳にある細胞の半分を占めると言われているグリア細胞。これまでは他の神経細胞を支えるたり、保護したり、くっつけたりする機能だと考えられてきました。ですが、実はグリア細胞もシグナル伝達機能をもっており、食欲をコントロールしているという研究結果が報告されました。

スポンサーリンク

グリア細胞

グリア細胞とは、神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)とも呼ばれ、神経を構成する神経細胞ではない細胞の総称のことである。

その機能は、神経細胞の位置を固定したり、神経の栄養因子の合成と分泌、神経伝達物質の伝達時間の調整、血液脳関門としてフィルタとしての役割などがある。

これまでグリア細胞は周辺組織の恒常性を維持する役割をしていると考えられてきたが、近年、それ以外に神経細胞のみが行っていると考えられてきたシグナル伝達も行っているという報告がある。

グリア細胞が食欲をコントロールする?

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、グリア細胞が食欲や摂食行動をコントロールしているという報告を行った。

これまで食欲を始め、エネルギー代謝、体温の調整、体内時計の調節などは脳の奥深くにあるアーモンドサイズの視床下部が行っていると言われてきた。

研究チームは、脳の他の部位のグリア細胞の研究を行っていた際、視床下部になぜかかなりのグリア細胞の活性が見られたという。

この発見から、もしかしたら視床下部のグリア細胞が一体何をしているのかということに興味をもち、他の部位のグリア細胞に何か影響を与え、神経細胞の制御を行っているのではないかと考えた。

そしてマウスを用いた実験で、グリア細胞の活性を増強すると食欲が増大し、逆に抑制すると食欲も落ちるということを見出したのだ。

手法の制限

だがその研究は簡単にできたものではなかったらしい。

現在、バイオテクノロジーが発達し、様々な研究手法が開発されたとはいえ、まだまだ制限は残っている。

今回の研究では、脳の神経細胞を活性化したり、抑制する手法は数多く存在するのだが、彼らが目的とするグリア細胞では使用できなかったのだ。

研究では、多くの人が研究している領域の手法は発達するのだが、そうでない領域はたとえ重要な研究領域だったとしても技術の発達は遅くなってしまう。

研究チームはノースカロライナ大学で新しく開発された手法を用い、グリア細胞を活性化し、今回の研究を成し遂げることができた。

将来の応用

今回のように食欲を制御するメカニズムが解明されるということは、将来的に糖尿病や肥満など、生活習慣病に対する薬の開発が期待される。

また近年ではグリア細胞が異常に活性化すると、神経変性疾患を患う可能性が高いとも言われている。

これまで単に脳のサポート材として考えられてきたグリア細胞だが、ここにきて新たな機能や病気との関連性が発見され、その重要性を増してきている。

食欲をコントロールするというのは、なかなか難しいことです。私のように目の前に出されたものは全部食べてしまうという人もいれば、自己管理ができていて、食べる量や食べる物をしっかり制限している人もいることでしょう。現在、世界中で肥満人口が増えていることを見ると、私のような人が多いと思います。

私を含め、そういう人にとっては、薬剤で食欲をコントロールできるようになったら、是非とも使ってみたいと思うのではないでしょうか?美味しいものをいっぱい食べたいけれど、体重や生活習慣病が気になる。だからこそトクホや健康食品を試すけれど、やっぱり一番効果があるのは、食事制限。となるとその食欲を手軽にコントロールできれば、それは夢の薬になることでしょう。

まだ基礎的な研究結果が発表された段階なので、そんな夢の薬が開発されるのは、まだまだ先のことでしょうが、早く開発され、商業化されると私は非常に嬉しいのですが、みなさんはそう思いませんか?

元記事はこちら(A new player in appetite control. Brain cells that provide structural support also influence feeding behavior, study shows.)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

人工甘味料は食欲を増進させる?ダイエットをする際にはご注意を!何事もバランスが重要です!
ダイエットの際、一番制限するのは甘い物。でもその甘さは何から来るか知っておいた方がいいですよ。もし人工甘味料だったら、ダイエットの妨げになっている...
食事は何を食べるか?だけでなく、いつ食べるかも重要!人間の生体リズムと食事、そして健康との関係とは?
日々の食事はエネルギーを得るために、そしてあなたの身体を作るために重要です。でも何を食べるかだけでなく、いつ食べるかというのも健康に影響を与えます...