どれくらいの人がゲーム中毒なのか世界初の調査結果!何事もほどほどに楽しみましょう!

家庭用ゲーム機からポータブルゲーム機、そしてスマートフォンのゲームアプリ。様々なハードウェアでゲームを楽しめるようになった現在。ゲームに熱中し、生活に異常をきたしてしまうゲーム中毒になる人が出てきています。一体世界中でどれくらいの人がゲーム中毒なのか?それを調査し、対策に役立てようという動きが出てきています。

スポンサーリンク

ゲーム中毒

ギャンプル中毒というのはみなさん耳にしたことがあるだろう。

パチンコ、競馬、競艇、海外ではカジノなど、お金を賭けて一攫千金を狙うギャンブルは人を熱中させ、時には生活に大きな影響を与えてしまう。

だがお金を賭けなくても楽しめるテレビゲームでも生活に影響を与えるくらい熱中してしまうと、ゲーム中毒やゲーム依存症と呼ばれることになる。

睡眠時間の減少や疲労、さらには会社や学校に行けなくなり、社会的な生活を営むことが困難になったりしてしまう。

近年ではオンラインゲームが発展し、開発者はなるべく長い間遊んでもらおうと、膨大な時間や多くの課金が必要な設定になっていることもあり、社会的な問題となっている。

中国や韓国では、ゲームに熱中するあまり、10代や20代の人間が過労死してしまうという自体も発生しており、国家主導でオンラインゲーム依存症防止プログラムが導入されている。

だがこれまでどれくらいの人がゲーム中毒なのか、その正確な統計値は存在しなかった。

チェックリストを用いた調査

オックスフォード大学の研究チームは、どれくらいの人がゲーム中毒となっているのかその調査に乗り出した。

イギリス、アメリカ、カナダ、ドイツの4カ国から19,000人の男女にアメリカ精神医学会(APA: the American Psychiatric Association)のチェックリストを用い、調査を行ったところ、半数以上が最近インターネットゲームをプレイしたと答えている、

そしてその半数のうち2%から3%の人がAPAのチェックリストの5つ以上の症状を経験したことがあると答え、0.5%から1%の人がゲームをプレイすることに大きな苦痛を感じたことがあると答えた。

この0.5%から1%の人がゲーム中毒であると言えよう。

ギャンブルとの比較

同様の調査がギャンプル中毒においても行われており、イギリスで最近行われた調査では、18歳から24歳の2.6%が、大人の1%がギャンプル中毒であると報告されている。

この比率からするとゲーム中毒者はギャンプル中毒者に比べ、半分以下であると考えられる。

だがそれぞれゲームをしている人、ギャンプルしている人からの割合であることを考えると、より気軽にプレイできるゲームの方が人口的には多いのかもしれない。

統計的にどれくらいの人がゲーム中毒なのか?

今回の調査で、ゲームをしている人の0.5%から1%がゲーム中毒であると示唆された。

だがこの調査をアメリカのゲーム人口である1億6000万人に直接適応し、約100万人がゲーム中毒であると判断を下すことは、飛躍しすぎだと考えられる。

しかしながらそれくらいの数の人がゲーム中毒やゲーム中毒予備軍である可能性は否定できない。

現在、多くの人が楽しんでいるゲーム。

何事もほどほどに楽しみ、生活に影響が出ないように、ストレス解消をすることが必要なのだろう。

私自身もオンラインゲームは好きで、ゲームに生活を合わせていたという時期があります。それでも学校や会社には行っていたのですが、やはり寝不足だったり、食事が不規則になったりしていたので、軽い中毒になっていたのかもしれません。

ゲームの開発者は長く遊んでもらうために、いろいろなシステムを開発しますが、あまりに長時間のプレイが必要になるとゲーム中毒だったり、健康を害してしまうので、そのバランスというのはかなり難しいのかもしれません。

ギャンブルであれば、お金が大きな制限となることがあり、それ以上プレイできないという状況になることもありますが、オンラインゲームではプレイ自体は少額だったり、無料な場合が多いので、アイテムの課金ができなくなるだけでプレイできなくなるということは少ないでしょう。そういう意味ではより長時間プレイしてしまう性質が強いでしょう。

楽しみは人それぞれなので、ゲームをするもよし、ギャンブルをするもよしですが、中毒にならないくらいの楽しみ方を覚えるとか、教育するということが今後より一層重要になることでしょう。個人的には学校教育に組み込めばいいのではないかと思いますが、なかなかそうもいかないことでしょう。

元記事はこちら(What percentage of people who play video games are ‘addicted’?)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ゲーム内課金のディスカウント率はどうやって決めたらいい?プレイヤーの気分を高め、企業の利益を最大にする研究
毎日のように面白そうなゲームがリリースされるスマートフォンのアプリ。ゲーム内課金も多いですが、だいたいのゲームでは課金料に伴い、多くのディスカウン...
子供の火傷を防げ!ゲーム感覚で予防法や対処法を学べるアプリの開発
小さなお子さんのいる家庭には是非知っておいてもらいたい火傷の対処法。海外ではスマートフォンのアプリで学べるよう整備が進んでいます。赤ん...