子供の肥満は親の生活スタイルにあり?!子供の成長過程のBMIを計測することにより分かったその要因とは?

現在、世界中で問題となっている肥満。これは大人だけの問題ではありません。肥満傾向にある子供の数が増加しているのです。子供の頃に肥満だと、大人になっても肉体的な健康を害しやすいばかりか、メンタルヘルスにまで影響してきます。子供の肥満を食い止めるために、我々大人は何に気をつけたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

子供の肥満を促進するものは?

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームによると、妊娠時の母親の喫煙、子供が朝食を抜くこと、規則正しい就寝時間、不十分な睡眠時間の全てが子供の肥満を促進することを報告した。

肥満は子供の自身の過小評価に繋がり、メンタルヘルスを悪化させ、それが思春期や大人になっても喫煙やアルコール摂取量など影響するため、この発見は重要なものである。

成長におけるBMIの変化

研究チームは2000年9月から2002年1月の間に出産した19,244家族の調査を行い、子供が3歳、5歳、7歳、11歳の時点での身長体重を収集した。

その結果、子供の体重変化は4つのグループに分けられることが明らかとなった。

一つ目のグループは肥満ではなく、BMIがあまり変動のしないグループ、二つ目はBMIが緩やかに上昇するグループ、三つ目はBMIが急激に上昇しているグループ、4つ目は3歳までに肥満になり、その後7歳まで変動しないグループである。

比率で言うと一つ目のグループが83.3%、二つ目のグループが13.1%、三つ目が2.5%、4つ目が0.6%である。

なぜこのようなBMIの変動が生まれるのか?

子供が肥満になる要因としては、妊娠時の母親の喫煙が一つの大きなリスクとなることが明らかとなっている。

だがもちろんそれだけではない。

子供の生活パターンは親の生活パターンに大きく左右されることが多い。

つまり親が肥満傾向にあると、子供も肥満になりやすい。

そしてその親の肥満の原因は、就寝時間の乱れや不十分な睡眠時間、朝食を抜くなどといった生活の乱れからきている。

そのような親の生活スタイルを子供もすることにより、肥満になりやすくなるのである。

研究チームは他の要因に関しても調査を行っており、子供の健康に大きな影響を与える肥満を解消しようと日々研究を進めている。

健康な人生を歩むために、肥満は気をつけなければいけない健康リスクの一つとして、世界中で課題となっています。砂糖税やソーダ税など国や県、市が政策で食い止めようとしていますが、やはり一番重要なのは日々の生活。何よりも気をつけなければいけないのは、自分自身だったり、家族だったりするわけです。

肥満を解消するための社会へ変化している現在ですが、その変化は少しずつです。個人個人のダイエットも少しずつしか変化していきません。社会としても個人としても長期間かかるこの肥満の問題。もし一気に解消する方法が見つかれば、ノーベル賞ものかもしれませんね。

元記事はこちら(Skipping breakfast and not enough sleep can make children overweight)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

子供の時に肥満になると余計に医療費がかかる?!〜世界状況と経済に与える影響に関して〜
日本でも肥満の子供の割合が年々増加しているようです。肥満で失うのは健康だけではありません。医療費も増大してしまうのです! 子供の肥満 ...
食事は何を食べるか?だけでなく、いつ食べるかも重要!人間の生体リズムと食事、そして健康との関係とは?
日々の食事はエネルギーを得るために、そしてあなたの身体を作るために重要です。でも何を食べるかだけでなく、いつ食べるかというのも健康に影響を与えます...