血液の交換で”若返り”はできない?!新しい研究結果による血液と老化の関連性とは?

ヴァンパイア伝説のように、若い人の血を摂取すると若返ることができるという話は様々なところで噂となっています。過去に血液を交換すると、組織が修復されるという結果から、現実味を帯びていたこの伝説。同じ研究チームが検討したところ、血液の交換による”若返り”の効果はないと報告されました。

スポンサーリンク

2005年の発表

カルフォルニア大学バークレー校の研究チームは、2005年に老化に関する衝撃的な報告を行った。

それは高齢のマウスと若いマウスの血液を交換することで、老化で痛んだ様々な組織が再生されたという報告だ。

この時にはなぜ若返ったかのメカニズムは解明されていなかったが、その衝撃的な報告から様々なメディアに取り上げられ、まるで血液を交換することで若返りができるかのように世界に伝えられた。

しかし彼らが伝えたかったのは、若い動物の血液が若返りの薬となるということではないし、血液の交換で若返りができるという確定的な報告を行ったわけではない。

全身に運ばれる血液が、老化に対してどのような影響をもっているのか、科学的見地から明らかにするという研究の一端を報告したにすぎないのだ。

ちなみにアメリカ食品医薬品局では、自己免疫疾患など数種の致命的な疾患に対してのみ、血液の交換が認められている。

大量に、または何度も他人の血液を入れてしまうと、自身の血液に含まれる抗体が防御反応を示し、臓器不全になってしまうことがあるからだ。

では若い人の血液は若返りの薬として使えないのだろうか?

その可能性を探るため、研究チームは新たな実験を行った。

若返りの薬にはならない?!

研究チームは新たに若いマウスと高齢のマウスの間で、血液を半分ずつ交換し、老化に関する指標を測定、検討した。

指標となるものとしては、肝細胞の成長や肝臓の繊維形成、脂肪細胞や脳細胞の分化、筋肉の強度と修復機能などがある。

その結果、若いマウスの血液を注入された高齢のマウスでは、上記の指標の改善は見られず、若返りが起こるということはないことが判明した。

一方、高齢のマウスの血液を注入された若いマウスでは、上記の指標は劇的に低下した。

ここから考えられることは、一度老化した組織は血液によって若返るということはなく、むしろ高齢のマウスに含まれる様々な阻害物質が細胞の活性を妨げているということだ。

2005年の報告では、高齢のマウスの血液中に含まれる阻害物質の量が、若いマウスの血液によって薄められることにより、細胞が活性化され、損傷が修復されたというわけだ。

残念ながら、若い人の血液が若返りの薬となることはないようです。老化に関しては、現在世界中で大きな課題となっているため、若返ることができたら、大きな反響を呼ぶことでしょう。だからこそ前回のデータはある意味不正確に伝えられてしまったのではないでしょうか。

この研究チームが素晴らしいのは、自分たちが出した研究結果に対して、世間の反応を受け止め、それに対する実験を行い、ある意味反証となる結果をちゃんと世に広めたことにあると思います。上に述べたように自分が報告した大きな話題となる研究に対して、自分が反証となるデータを出した場合、報告するのをためらうというのは、人の心理としてあるかと思います。

自分の研究をちゃんと理解し、正確に伝え、人々に正しく理解してもらうのはなかなか難しいですが、それを努力できる研究者はそれだけで尊敬に値します。是非ともこう言った研究者やサイエンスコミュニケーターが増え、正確な情報が世の中に広まることを期待したいと願うと同時に、SIGとしてもそのようなサイトを目指していきたいと思っています。

元記事はこちら(Young blood does not reverse aging in old mice, UC Berkeley study finds)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

高血圧だけでなく低血圧でも心不全や心臓発作のリスクが高まる?!22,000人の患者の追跡調査の報告
手軽に測定できることから、日々の健康の指標として用いられている血圧。塩分の過剰摂取や喫煙、飲酒、ストレスが原因で高血圧となると、心臓病や脳卒中など...
脳の血管の詰まりを探すオンラインゲーム!もしかしたら将来、多くの人に必要とされる職業かも?〜Stall Catchers〜
現在、研究を加速化させるために、一般の人々の力を借りるという研究者は多くなってきています。もちろんクラウドファンディングのようにお金を必要としてい...