いつまで自撮りにセルカ棒使っているの?次世代の自撮りはドローンを使う!〜AirSelfie〜

スマートフォンサイズのドローンがついにKickstarterに登場!これまでセルカ棒では撮れなかった大人数での集合写真もこれならみんな入ります!もうセルカ棒を伸ばして、みんなくっついて写真を撮る必要はありません。これからはスマートにドローンを飛ばして、みんなでにっこりはいチーズ!

スポンサーリンク

AirSelfie

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、自撮り用ドローン「AirSelfie」が出資を募っています。

記念写真はカメラマンも一緒に!そんな時代もセルカ棒によって到来しました。

まるで指示棒のように小さく縮めた棒をビョーンと伸ばして、はいチーズ!

でもセルカ棒は一人二人の少人数なら撮影できるけど、何人もいるとみんな窮屈に寄り添って取らないとなかなか入りきらないですよね。

そんな大人数でワイワイ自撮りをしたい人、必見です!

なんと小さなドローンを飛ばして、自撮りができるそんなシステム「AirSelfie」が登場しました。

スマートフォンサイズのドローン

AirSelfieのドローンのサイズはスマートフォンサイズ。

しかもバッテリーパック(PowerBank)も付いて、このサイズなんです!

さらにバッテリーパックとスマートフォン(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 6Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus)と一体型にできるケースも準備されているため、いつでも忘れずに持ち歩くことができます。

そんな小さなサイズでもバッテリーは十分!

1回3分の飛行で20回飛べるだけの電気がバッテリーパックに蓄えることができます。

ドローンへの充電はバッテリーパックに入れるだけ!それで自動で充電が始まり、30分で充電完了!

撮影モードは3種類

なかなかドローンを操作しながら、撮影するのは難しそう…

ですがこのAirSelfieでは、より簡単に撮影できるよう3つのモードが搭載されています。

一つ目はSelfie mode。

自分からの距離を変えるだけのモードで左右には動かないため、撮影が一番簡単にできます。

二つ目はSelfie Motion Control mode。

専用アプリで仮想ジョイスティックを動かし、リアルタイムでドローンを制御するモードです。

これは慣れてないとちょっと難しそうですね。

三つ目はFlying mode。

ドローンの位置を決めると、そのままホバリングして、シャッターチャンスまで待ってくれます。

これだけ機能があれば、意外とドローンでの自撮りは簡単かもしれませんね。

即座にあなたのデバイスへ!

ドローンには、500万画素のカメラのほか、場所や高度を認識するため、ジャイロセンサー、気圧計、地磁気センサーが取り付けられています。

さらには2.4GHzのWi-Fiも!

つまりドローンで取った写真はWi-Fiで即座にあなたのスマートフォンに送られるのです!

いちいちケーブルで繋いだり、SDカードを挿し変えたりする必要はありません。

さらにダウンロードした写真は、そのままFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアネットワークでシェアすることも可能です!

もちろん対応スマートフォンはiOSでもAndroidでも大丈夫!

せっかくみんなで撮る集合写真。

カメラマンが映らないなんてことのないように、スマートにドローンを使って撮ってみませんか?

出資に関して

この記事を書いている2016年12月5日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

€224(約27,000円) AirSelfie x1 + スマートフォンカバー(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 7) x1 + microUSB x1 (先着2,000個限定)

€224(約27,000円) AirSelfie x1 + PowerBank x1 + microUSB x1 (先着500個限定)

€260(約31,300円) AirSelfie x1 + スマートフォンカバー x1(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus) + microUSB x1 (先着2,000個限定)

€269(約32,400円) AirSelfie x1 + スマートフォンカバー x1(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Google Pixel) + microUSB x1 (先着3,000個限定)

€466(約56,000円) AirSelfie x2 + スマートフォンカバー x2(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus) + microUSB x2 (先着1,000個限定)

€2,240(約270,000円) AirSelfie x10 + スマートフォンカバー x10(Samsung S7、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Google Pixel) + microUSB x10

€2,390(約288,000円) AirSelfie x10 + PowerBank x10 + microUSB x10

出資の期限は2016年12月25日までですので、お早めに!

ドローンで自撮り。自撮り好きな人なら一度はやっていみたいことではないでしょうか?どうしてもセルカ棒では撮影できないような大人数でも撮れるドローンのシステムは面白そうでワクワクしますよね!

ただどうしても気になるのは、ドローンの制御をどれくらいやらないといけないかではないでしょうか。私も姿勢制御が全くない安物のドローンを持っていますが、ホバリングさせるのはかなり大変。このドローンはジャイロセンサーや気圧計、地磁気センサーが組み込まれているので、かなり安定してくれるとは思いますが、こればっかりは操作してみないと分からないのが現状かなと思います。

私的には自撮りよりも、ドローンの性能とか持ち運ぶのに便利という意味で、このドローンはすごく興味があります。届くのは2017年4月の予定なので、クリスマスプレゼントに出資して、ゴールデンウィークに遊ぶ、なんてスケジュールがいいかもしれませんね!

元記事はこちら(AirSelfie)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ドローンをバッテリ無しで空へ飛ばす!長距離ワイヤレス給電システムの開発!
日々進化し続けるドローン。将来的に荷物の配達や建物の防犯、人が行けない危険な場所のチェックなど様々な応用が考えられています。ですが一つの問題はバッ...
静電気を用いたドローンのバッテリーの節約術
新しいドローンは蜂型の小さなドローン?!エネルギー消費を抑える鍵は静電気にあり!ドローン ドローンとは、英語で雄の蜂(Drone)を...