環境中のメタンの量は地球温暖化シナリオの最悪のケースを辿っている?!過去20年間で急速に伸び続けているメタンの発生をいかに抑えるのか?!

地球温暖化が語られる時、多くの場合取り上げられるのは二酸化炭素の放出量でしょう。ですが、温室効果を示すガスは何も二酸化炭素だけではありません。農業や牧畜から放出されるメタンは二酸化炭素よりも高い温室効果を示します。どうやらこのメタンが過去に見られない速度で環境中に放出されているようです。

スポンサーリンク

Global Methane Budget

二酸化炭素と並び、地球温暖化の原因となっているメタン。

ウシや農業から排出され、温室効果ガスとして働くことから、環境中への蓄積が懸念されている。

そのメタンの動向を検討、推定しているThe Global Mehane Budgetが今月データのアップデートを行った。

その報告によると環境中へのメタンの放出量は考えられている最悪のケースに類似した上昇を見せているという。

温室効果ガスとしてのメタン

上に述べたようにメタンは家畜や農業から環境中に放出され、温室効果ガスとして働く。

その温室効果ガスとしての能力は、実は二酸化炭素よりも強く、より熱を溜め込む性質があるという。

しかしながら二酸化炭素と比べ、自然のプロセスにより早く分解・除去されることから、二酸化炭素のように長期間環境に影響を与えるということは少ない。

それでも環境に与える影響は無視することはできない。

The Global Methane Budgetによると、1750年と比較して、環境中のメタンは150%に上昇しており、地球温暖化の原因の20%を占めているという。

メタンの発生源

メタンの発生源は様々であり、バクテリアによる物質の分解などの自然からの放出ももちろん存在する。

だがメタンの放出量の60%は人為的なものであり、ごみ処理や家畜、化石燃料の燃焼などから発生している。

その中でも近年、メタン発生量が著しく上昇しているものが、牧畜や農業からの放出だ。

これらのメタン発生量は、自然からの発生量や化石燃料からの発生量を上回る。

また人為的なメタン発生のうち、60%は家畜から、そして10%は米の栽培から発生していると言われている。

米の栽培というとどこからメタンが発生するか奇妙に思えるが、田んぼの中に存在するメタン発生菌がメタンを発生するのである。

環境中のメタンを減らすことによるメリット

先に述べたようにメタンは環境中で速やかに分解・除去される。

そのため二酸化炭素よりもより早くその効果を見ることができ、経済や健康、農業において短期間でメリットを感じられることだろう。

また環境中のメタンの変化とこういったメリットを検討することができれば、環境中の二酸化炭素の変化とそれにより享受できるメリットを早い時点で推測することも可能となる。

いかに環境に放出されるメタンの量を減少させるか、そしてその量を測定し、我々の生活への関連性を明らかにすることは、今後の地球環境を保全するためにも大きなメリットを生み出すことができるのだ。

メタンの発生源でよく言われるのはウシのげっぷではないでしょうか。日本も食が欧米化し、牛肉の消費量が伸びたことから、日本での生産だけでなく、オーストラリアやアメリカから牛肉を輸入しています。また日本だけでなく、世界でも牛肉の消費量が伸びていることでしょう。

その牛肉を得るために、もちろんウシを育てる必要があるのですが、そういった生産活動の上昇ががメタンの消費量を増加させている一因だと考えられます。だからと言って、牛肉を食べるなというのは話が飛躍しすぎですし、私自身も牛肉を食べられない生活は考えられません。

現在では家畜による肉の生産を工業化しようと、培養肉の研究開発が進められています。まだまだ現在の牛肉のコストには見合っていないようですが、今後商業化が実現すれば、このような地球温暖化においても大きく貢献するのかもしれません。

命を殺さず、命を紡ぐプロジェクト!人工肉で食糧問題、環境問題を解決し、果ては宇宙開発まで!〜Shojinmeat Project〜
細胞から肉を作る?!バイオの技術はここまで進んだ!しかしなぜ人工的に肉を作る必要があるのでしょうか? 食肉と健康 世界中で日々大量に食...

人間が破壊してきた地球環境。その回復にはまだまだ時間がかかりそうですし、技術革新が必要なのかもしれません。ですが諦めずに一歩一歩進めていくことにより、将来は産業と地球環境が両立できる世の中になっていくことを願っています。

元記事はこちら(Global methane emissions are rising faster than any time in the past 20 years)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

二酸化炭素による地球温暖化の影響を南極の氷が溶ける量で表示する!?地球温暖化を食い止めるためのイメージ戦略!
地球温暖化により南極の氷が溶けているというのは、多くの人が知っている事実です。ですが、何をすることで、どれくらいの量が溶けるのかということは想像が...
石油枯渇、地球温暖化の助けになるかに思われたバイオ燃料。現実的にはむしろ悪化させているかもしれない?!
地球にやさしく、我々が使用する膨大なエネルギーを賄うためのバイオ燃料。アイデア的にはカーボンニュートラルという地球温暖化を促進しないかに見えました...