SIGでは寄稿記事を受け付けています!みんなで新しいイノベーションの種を共有しませんか?

世界の最先端の科学技術情報を提供するSIGですが、ひろやん一人ではなかなかカバーしきれない、でも有用な情報が世の中にはたくさんあります。

そこで、SIGでは科学技術に関する寄稿記事を受け付けています。

ご自身の研究を広く知ってもらいたい方、クラウドファンディングをするときの宣伝材料、世の中の研究に対して一言言いたいなんて人がいましたら、ご連絡頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

目的

一つでも多くの科学技術を掲載することで、正しい知識を提供し、研究開発に興味をもってもらい、みんなで新しいイノベーションを起こしていくことを目的とします。

寄稿記事のフォーマットに関して

フォーマットはSIGで私が書いているフォーマットを基準にさせていただきます。

・1記事中に1000文字以上

・各パラグラフにサブタイトルを入れる

・少なくともアイキャッチ用画像1点を含む(著作権に注意)

・研究室ページやクラウドファンディングのページなど他のページへのリンクは可

・簡単な自己紹介文

・記事中にアフィリエイトリンクを含むものは不可

他のサイトに載っているご自身の記事でも、完全コピーは避けてください。

アイキャッチ画像は、ご自身で撮影された写真、または作成された画像など、著作権上問題のないものをご準備ください。

もしご用意がない場合、ひろやんが普段使っているpixabayより、過去にSIGで使用していない中から、適した画像を選びますので、ご相談ください。

Over 850,000 high quality photos, illustrations, and vector graphics. Free for commercial use. No attribution required.

記事中での他のページへのリンクは、文字リンクではなく、下のようなブログカードでのリンクになります。

  研究者にとって、重要な仕事の一つにサンプルの採取があります。特にバイオ系の研究者や気象系の研究者の中では、土や水、空気のサンプルを取得するが仕事の大部分だったりする人もいますが、実はなかなか大変な作業なのです。最近話題のドローンを使い、効率的にサンプルを取得できないか、新しいドローンの利用法に挑戦している研究チーム...

審査に関して

読者にとって有益な情報を提供したいので、どんな記事でも掲載するというわけにはまいりません。

そのため、簡単にですが審査をさせていただきます。

審査の基準は以下の通りです(状況に応じて、適宜追加予定)。

・フォーマットが守られていること

・内容が明確であり、分かりやすいこと

・公序良俗に違反しないこと

また記事の手直しもさせていただく可能性もありますので、ご了承ください。

情報の拡散に関して

寄稿いただいた記事は、Facebook、Twitter、はてなブックマーク、メールマガジンで拡散します。

SIG: Science+Interest=Gadget - いいね!61件 · 6人が話題にしています - 最新の研究を広めて、みんなが面白いこと思いつくと、世の中楽しくなるんじゃないかと思っているニュースサイトです。

freelifebyhiroさんのブックマークは3021件あります。『「ミラノサンド すき焼き」という混乱きわまる食べ物がドトールに登場、実際に食べてみた - GIGAZINE』『SIGで記事にした研究をもっともっと知ってもらいたいので、どうやって宣伝しているのか紹介します! | SIG』などがブックマークされています...

Twitterは、最新記事のツイートだけではなく、ランダムに過去記事をツイートするように設定してありますので、後からアクセスが発生する可能性もあります。

費用に関して

2017年1月8日の時点では、掲載費用は無料です。

また、こちらから記事の報酬をお支払いすることはありません。

寄稿記事の投稿の流れ

まずは本記事最後かサイドバー下部のコンタクトフォームより記事を寄稿したい旨をご連絡ください。

その際に、お名前(ハンドルネーム、ペンネーム可)、ご連絡先メールアドレス、寄稿記事の受け渡し方法(メール添付やDropbox、GoogleDriveなど)を記載して頂きますようお願い致します。

その後、ひろやんが簡単な審査をして、必要があれば修正(修正後は内容をご確認頂きます)、掲載予定日時のご連絡を致します。

通常SIGでは記事を毎日19:00と月水金の7:00にアップロードしています。この中で記事完了後、一番早いタイミングで掲載しますが、もしご希望の日時がございましたらご相談ください。

記事掲載後は、こちらで上記の方法で記事を拡散致します。

あとはシェアやリツイート、はてなブックマークは各自の判断にてお願いいたします。

注意点

ひろやんが記事を書くサービスではありません。記事は各個人でご準備ください。

記事の内容によっては、お断りすることもありますので、ご了承ください。

必ずしも反響が得られるというサービスではありません。あくまでも寄稿して頂いた記事をSIGに掲載するのであり、反響が得られるかどうかは保障いたしません。

個人で運営しているブログなので、できる限り早く対応するよう努力いたしますが、ご連絡が遅くなる場合もございますので、ご了承ください。

まだまだ小さな個人ブログのSIGですが、みなさんとともに大きく発展し、新しいイノベーションを起こしていければと思っておりますので、沢山の寄稿記事をお待ちしております!

寄稿記事掲載依頼はこちらから!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文