マスクの着用をより快適にするマスク用フレーム〜Maskal(マスカル)〜

もう少しすると花粉症シーズン。マスクが手放せなくなるという人も多いのではないでしょうか。でもマスクをすると耳が痛いし、息がしづらい。そんな不満を解消するために、マスク用フレームを開発した人がいます。

スポンサーリンク

Maskal

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、マスク着用時の違和感を軽減し、快適に過ごすことができるマスク用フレーム「Maskal」が出資を募っています。

Maskalはマスクをつけた時の耳の痛み、呼吸のし辛さ、メガネの曇りを改善する為に開発された柔らかい構造をもつメガネフレームです。

ワイヤー入りのマスクのゴムをこのMaskalに引っ掛け、フレームを耳の下から装着することにより、これまで痛みを生み出していたゴム紐の耳の痛みを解消します。

耳あて部分はシリコンゴム製で幅広になっているので、長時間装着しても痛くなりにくいのです。

またMaskalを使うことにより、マスクが口から少し離れてくれるので、呼吸も楽になる効果があります。

フレームと顔の間の隙間はシリコンゴム製の鼻あてが埋めてくれるので、メガネをかけている人の最大の悩み、メガネの曇りも防ぐことができます。

出資に関して

この記事を書いている2017年1月1日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

¥3,000 Maskal x1

¥5,000 Maskal x2

¥10,000 Maskal x5

¥20,000 Maskal x1 + 無料3D CAD & 3Dプリンタ入門・活用セミナー

出資の期限は、2017年2月27日までです。

マスクというと花粉症や風邪など病気の時に着用するというイメージがありますが、医師や看護師、薬剤師のような仕事中マスクをしている方にもいいかもしれませんね。また、冬で乾燥する時期、マスクをして寝る方もいるかもしれません。耳も息も快適になるのであれば、就寝時にマスクを着用するのも楽になるかもしれません。

私自身、マスクをするのが苦手なので、こういったツールが市場に出てくるのは大歓迎です。多分私以外にもマスクは苦手だけど、風邪予防や湿度を保つ為にマスクをしたいという方は多いのではないでしょうか。是非とも出資してみてはいかがでしょうか?

元記事はこちら(マスクの不満を解決!新発想マスクフレーム【Maskal(マスカル)】)

追記(2017年3月6日)

マスカルの公式製品ページがアップされていました。

より多くの情報がありますので、ご興味ある方は是非訪問してみてください!

【Maskal(マスカル)】はマスクの負担感を減らし、「マスクを軽くする」アイテムです。 Maskal(マスカル)の使い方 【Maskal(マスカル)】はこれまでに無い、全く新しい発想の製品です。動画で使い方を詳しく説明しておりますので、ぜひご覧下さい。 Maskal(マスカル)の組み立て方

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

丸洗いできて、乾燥機までかけれちゃう枕「Airfilピロー」がMakuakeで出資を募集中!
毎日使う枕だから、清潔さには気をつけたいものです。でも丸洗いできる枕ってなかなか見つからないし、丸洗いしてしまうと形が崩れたり、乾燥まで時間がかか...
切手サイズで記憶できるのは128GB!水没しても壊れない世界最小、最軽量のSSDストレージ〜KITTEストレージ〜
どんどん小さくなっていくデータストレージ。みなさんも日々USBメモリのお世話になっているのではないでしょうか?多く使われるのは2GB、8GB、16...