SIGをAccelerated Mobile Pages対応にしてみました!

SIGをAMP対応にしてみました。といってもあまり知られていない機能かもしれませんので、ちょっとだけ説明してみようと思います。色々と書いていますが、とりあえず一番知っておいて欲しいことは、スマートフォンでGoogle検索して、検索結果から見ると表示が早いですよってことです。

スポンサーリンク

AMP:Accelerated Mobile Page

Accelerated Mobile Page、日本語に訳すと「加速化されたモバイルページ」。

分かりにくいので意訳すると「高速なモバイルページ」です。

要するにスマートフォンなどのモバイル機器で見るときに、高速に表示されるページというわけです。

これまでのウェブサイトというのは、画像だったり、動的なメニューだったりと、どんどん大量のデータを詰め込まれ、スマートフォンのような比較的非力で、インターネットの速度が制限されるような機器で見ると重くてストレスになってしまうことがありました。

そこでGoogleが推し進めてきたプロジェクトで、より軽く、より高速に、つまりはより快適にウェブサイトをみてもらおうというプロジェクトがAMPなのです。

何が違うのか?

AMPに対応したページと対応していないページの比較です。

AMP対応AMP非対応

左がAMP対応、右の二つがAMP非対応です。

左のほうがすっきりしていると思いませんか?

画像では分かりませんが、一番の違いは、表示速度にあります。

AMP対応のものは本当に表示までの速度が速い!

Googleの検索結果をクリックしたら、ほぼ瞬時に表示されます。

従来に比べ平均4倍早く、データ通信量も1/10に抑えられるとのことです。

ちなみに実測はしていませんので、本当かどうかは知りませんよ?

どうしたらAMP対応のページが見えるの?

その超高速表示を見たいという方もいらっしゃることでしょう。

そんな人は『スマートフォン』(これ重要!)のブラウザ(FirefoxやSafari、Chromeなど)でGoogleを開き、

site: https://scienceinterestgadget.com

と打ってみてください。

そうすると、こんな検索結果が表示されることでしょう。

この日付の横にAMPと書かれているページがAMP対応ページになります。

今後、検索結果でSIGを見かけた際には、AMPの記述があるページをクリックすると、ストレスなく(AMP非対応でも結構頑張ってはいますけどね)ご覧頂けるかと思います。

なんで速いの?

SIGをご覧頂いている方は、科学技術に興味がある人が多いことでしょう。

つまりSIGとしては、なぜ速いのか?そこを説明しないわけにはいきません。

速い理由は三つあるとのことです。

一つ目はAMP用のHTMLであるということです。

HTMLというのは、ウェブサイトを構成している言語のことで、ここはこう表示しろということが記述されています。

その機能を一部制限することで、高速に表示することが可能となっています。

二つ目がAMP用のJavaScriptを用いているということです。

JavaScriptは動的なページ、つまり動きのあるページを作るために使われる言語です。

これも機能を制限することで、高速に表示できるようになっています。

三つ目はキャッシュを用いて、一番近いサーバーからデータを取得するということです。

通常、ウェブサイトを見るときには、そのウェブサイトが設置されているサーバーに行って、データを拾って、スマートフォンのような端末に表示されます。

もしウェブサイトが設置されているサーバーが、各個人のスマートフォンから遠いとそれだけデータは旅をしなければいけないので、時間が掛かります。

AMPでは、そのデータを世界各地のサーバーに保存しておき(これがキャッシュ)、一番近いサーバーからデータを取得します。

この三つの技術が組み合わされているため、AMPは早く表示できるのです!

デメリットは?

高速になるというメリットがある反面、もちろんデメリットも存在します。

それは機能が制限されているため、ウェブサイトの作成者がやりたいことができない可能性があるのです。

ちなみにSIGのAMP版でも、サイドバーが表示されないというデメリットが存在します。

つまり新着記事だったり、ランキングだったりが表示されないのです。

もしかしたら今後できるようになるのかもしれませんが、何らかの機能制限というのは仕方がないところがあるのでしょう。

ちなみに…

ウェブサイトを運営している人、もしくは運営したい人向けの情報ですが、SIGではWordpressを用いて、独自ドメインで運営しています。

そのWordpressのテーマとしては、Simplicityというのを用いています。

内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

私のようなデザインが苦手な人間でも、簡単にSIGのようなサイトが作れるこのテーマ。

カスタマイズ性も高く、非常に使いやすいテーマになっています。

AMP対応もSimplicityでボタンを押すだけと簡単設計でした。

また開発者の方は日本人ですし、日本で使っている方も多いので、上手くいかないことがあるとGoogleで調べると即座に回答が得られます。

よくこれを無料で出しているなというレベルのテーマですので、もしご興味ある方は試してみてはいかがでしょうか?

なんでSIGではAMP対応に?

一番の理由は、”興味”です。

ウェブサイト運営者として、表示が速くなれば、来て頂いた方にストレスなく楽しんでもらえるというのはもちろんですが、どれだけ速くなるのか試してみたかったというのが大きいです。

そして設定してみたら、意外とAMP対応のページを見ている方がいるので、しっかりご報告しておこうと思ってこの記事を書いてみました。

ちなみに最近AMP対応にしたので、まだGoogleの検索結果でAMP対応ページが出てこないこともあります。

少しずつAMP対応ページが登録されていくと思いますので、今しばらくお待ちくださいませ。

とにもかくにも、これでまた多くの人がSIGを楽しんでくれるといいなと思いつつ、これからも頑張っていきますので、今後ともSIGをどうぞ宜しくお願い致します。