綺麗な字を書くために、正しい持ち方を教えてくれる鉛筆〜京都かきかた鉛筆〜

コンピュータが普及して、字を書く機会が減少した現在、自分の字が汚いなと感じる人は少なくないのではないでしょうか。でも大人になってから、字のくせを直すのは大変なこと。せめて子供だけでも綺麗な字をかけるようになって欲しい。そう思う方もいることでしょう。そんな親御さんのためにも、こんな鉛筆はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

京都かきかた鉛筆

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、正しい鉛筆の持ち方を学び、綺麗な文字を書くための鉛筆「京都かきかた鉛筆」が出資を募っています。

京都宇治で「子ども達のための書き方教室」を行っている川田道子さんが、子ども達に「書く」ということを指導している中で気づいたのは、正しい鉛筆の持ち方ができていないこと。

そして高学年の子供になればなるほど、その持ち方がくせになり、改善が難しくなってしまうことでした。

つまり文字を書き始めた小さな時から正しい鉛筆の持ち方の定着が、綺麗な文字を書くのに重要なのです。

どうしたら正しい鉛筆の持ち方を学んでもらえるのか、そんな思いから生まれた鉛筆が「京都かきかた鉛筆」なのです。

指を添える場所を教えてくれる!

京都かきかた鉛筆は、これまでの六角形の鉛筆とは異なり、三角形でできています。

そして1面には★と1が、2面には◆と2が、3面にはぶつぶつが付けられています。

1面の1に親指を、2面の2に人差し指を、そして3面のぶつぶつに中指をそっと添えれば、正しい持ち方の完成!

しかも右利きだけでなく、左利きのお子さんにも対応可能!

左利きの場合は、親指を◆に、人差し指を★に、中指をぶつぶつにそっと添えたら、やっぱり正しい持ち方の完成!

こんなに簡単に正しい鉛筆の持ち方を学べる鉛筆は、現在特許出願中とのことです。

出資に関して

この記事を書いている2017年1月9日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

また川田道子さんは、17年間毎日欠かさずワインを飲み続けてきた経験から京都ワインリミテッドというワイン専門店を経営されており、出資のリターンとして、ワインがつくものもあります。

https://www.facebook.com/京都ワインリミテッド-212622292169331/

¥3,000 京都かきかた鉛筆 x3 + 専用削り器 x1

¥4,000 京都かきかた鉛筆 x5 + 専用削り器 x1

¥5,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + ノンアルコールスパークリングワイン(ピエール・ゼロ ブラン・ド・ブラン) x1

¥5,000 京都かきかた鉛筆 x10 + 専用削り器 x1

¥5,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + 白ワイン(デル・スール シャルドネ レゼルパ) x1

¥5,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + 赤ワイン(フィンカ ソフェニア マルベック レゼルヴ) x1

¥6,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + スパークリングワイン(セニュリ ド モンティニィ クレマン ド ブルゴーニュブリュット) x1

¥10,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + 赤ワイン(パリオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ) x1 + 白ワイン(ヴァッレ デラカーテ テヌータ イ ビディニ インルォリア) x1

¥10,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + かきかた教室またはてらこや教室1ヶ月無料受講

¥15,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + シャンパーニュ(マルゲーヌ ブリュットPC) x1

¥20,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + かきかたプライベートレッスン(レッスン50分 + 教育相談40分) x1

¥50,000 京都かきかた鉛筆 x10 + 専用削り器 x1 + みちこ先生書き方授業体験60分 + 教育相談60分 x1

¥100,000 京都かきかた鉛筆 x1 + 専用削り器 x1 + 宇治観光 + ワイン付きお手製お食事 x1

出資の期限は、2017年3月30日までです。

今回のリターンはちょっと面白いですね。普通は紹介した製品のリターンだけになるのですが、出資したお母さんのことも考えたママ友会で使えるワインや観光と食事がセットのリターンがあるのは珍しい気がします。

私も字が汚いほうで、時には自分で書いた字が読めないくらい汚いこともしばしばです。それでも親は私が子供の頃にペン・習字教室に行かせ、なんとか綺麗な字を書かせようと頑張っていたのですが、残念ながらそれは達成できなかったようです。そのことはあまり綺麗な字に魅力を感じていなかったのですが、今になると綺麗な字をかける人がとても羨ましく、そして魅力的に感じます。字の綺麗さの魅力は、子供の頃には分からなかったことが、大人になると分かる一つの例ではないかなと思います。

私の頃にも鉛筆にさして使う持ち方矯正ツールはありましたが、今回の京都かきかた鉛筆は意識して持つことに重点が置かれている気がします。持ち方矯正ツールはどちらかというと無意識でその持ち方を学ぶことに重点が置かれており、それで効果のある子どもとない子供がわかれるのではないでしょうか。個人的には意識して持つ方がその持ち方を習得するのに、効果を発揮するのではないかと思います。

コンピュータが出てきて、字を書く機会がめっきり減りましたが、それでも字を書く機会が全くなくなったわけではありません。そして字の綺麗さは親が子供にあげられる財産の一つだと思います。ぜひこういった正しい持ち方を学ぶ機会をお子さんに与えてあげて欲しいなと思います。

元記事はこちら(正しい持ち方で美しい文字を!「京都かきかた鉛筆」で子ども達の未来を創る!!)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

丸洗いできて、乾燥機までかけれちゃう枕「Airfilピロー」がMakuakeで出資を募集中!
毎日使う枕だから、清潔さには気をつけたいものです。でも丸洗いできる枕ってなかなか見つからないし、丸洗いしてしまうと形が崩れたり、乾燥まで時間がかか...
切手サイズで記憶できるのは128GB!水没しても壊れない世界最小、最軽量のSSDストレージ〜KITTEストレージ〜
どんどん小さくなっていくデータストレージ。みなさんも日々USBメモリのお世話になっているのではないでしょうか?多く使われるのは2GB、8GB、16...