よく噛んで食べるのは、やっぱりあなたの健康に良かった?!科学的に証明されたその利点とは?

よく噛んで食べなさい!よくご家庭でお子さんに言っている方もいるのではないでしょうか?確かによく噛むと顎が鍛えられ歯並びが良くなる、そして食べ物をよくすり潰すことにより、吸収が良くなると考えられます。でも最新科学が明らかにしたのは、さらにメリットがあるということでした。

スポンサーリンク

咀嚼により免疫向上?!

マンチェスター大学の研究チームは、食事をよく噛むことにより、口の免疫系を刺激し、病気から保護しているという研究結果を報告した。

これまででは食物を咀嚼することは、栄養素をより吸収しやすい形にすることで健康な免疫系を作り上げていると考えられてきた。

しかしながら今回の研究では、それだけではなく、咀嚼するということ自体が口の中の免疫系の能力を高めるのだという。

諸刃の剣のTh17細胞

今回研究チームが発見したのは、食物を咀嚼すると、Th17細胞と呼ばれる免疫細胞が刺激を受ける免疫系を高めてくれるということだ。

このTh17細胞は腸や皮膚などの他の場所にも存在しており、通常は体表にいる有益な微生物から刺激を受けることで、免疫を強化する。

しかしながら口の中では咀嚼によって起こる刺激で、十分に免疫系を強化することができた。

しかしながら、このTh17細胞による免疫系の強化は諸刃の剣であるという。

実はTh17細胞は歯周炎に関与しており、あまりにTh17細胞が多いと歯周炎を引き起こすのだという。

また歯周炎は糖尿病、関節リュウマチ、心臓病、早産など様々な病気に関連していることが知られている。

このことから、口で起こった過剰な反応が全身に影響するとなれば、逆に口の中の環境を正常に保つことにより、様々な病気を上手くコントロールすることができるのかもしれない。

この記事を読みながら、今自分はあんまり噛んでないなぁと思った人も多いのではないでしょうか?子供の頃は親によく言われ、30回だの50回だの数えながら噛んでご飯を食べていたこともあります。ですが大人になるにつれ、そういうことも言われなくなりましたし、そんなにゆっくり時間をかけてご飯を食べている暇が無くなり、数回噛んだら飲み込むようになりました。

こういうことを考えると、昔の家族が一緒にテレビを見ながら、そして談笑しながらのんびりご飯を食べていたというのは、精神的にも肉体的にも理にかなったことだったのかもしれません。新しい製品が続々と発売され、昔では考えられないほど便利になったのにも関わらず、そういった家族団らんの時間が取れない現在というのは、あまり健康的な生活ではないのかもしれませんね。どういった生活が人間にとってベストなのか、そしてどうやったらその生活にできるのか、人類はそういうことを考える時期に来ているのかもしれません。

元記事はこちら(Research reveals surprising health benefits of chewing your food)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

何故食事の際、飲み物が欲しくなるのか?神経科学が明かすそのメカニズムとは?
激しい運動の後に、冷たい水をゴクゴク。気持ちいいですよね!でも自分の身体はどうやって水が必要だと感じているのでしょうか?そして水を飲んだらすぐに喉...
食事は何を食べるか?だけでなく、いつ食べるかも重要!人間の生体リズムと食事、そして健康との関係とは?
日々の食事はエネルギーを得るために、そしてあなたの身体を作るために重要です。でも何を食べるかだけでなく、いつ食べるかというのも健康に影響を与えます...