どんな汚れた水でも即座に飲み水に変える携帯型浄水器〜LIFESAVER bottle〜

東日本大震災から明日で早6年。そのあとにも熊本地震があり、日本で生活して行く上で、震災に備えることの重要性が日に日に高まっています。そして救助が来るまでの最初の3日間をいかにして生き延びるか、それが生死の境目になると言われています。特に水の確保は困難な場合が多いわけですが、そんな時にこんな携帯浄水器があったら、多くの命が救われるのかもしれません。

スポンサーリンク

LIFESAVER bottle

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、汚れた水を一瞬で飲み水に変える携帯浄水器「LIFESAVER bottle」が出資を募っています。

開発者であるマイケル・プリチャード氏が2004年に発生したスマトラ沖地震やアメリカ沿岸を襲ったハリケーン カトリーナでの災害において、生きて行く上での水の重要性を知ったことから考えられたこの携帯浄水器。

どんな場所でも、どんな汚れた水でも飲み水にするという目的から、なんと99.9999%の細菌、99.99%のウイルス、99.9%の微生物を除去できるという圧倒的な性能をもっています。

そしてその携帯性と性能から、英国軍にも採用されているこの浄水器。

一体どういったテクノロジーから成り立っているのでしょうか?

フィルターの穴のサイズはなんと15ナノメートル

皆さんは細菌やウイルスの大きさはご存知でしょうか?

一番小さな細菌は200ナノメートル、そして一番小さなウイルスは25ナノメートルと言われています。

ナノメートルは1 mmの100万分の1ですので、細菌やウイルスは目に見えないばかりか、イメージがつかないほど小さなものなのです。

ですが一般的な携帯浄水器に備えられているフィルターは穴のサイズが100〜200ナノメートル。

つまり小さな細菌は通ってしまう可能性もあり、ウイルスにおいては簡単に通り抜けてしまうサイズなわけです。

ですがこのLIFESAVER bottleのフィルターの穴のサイズは15ナノメートル!

これならほぼ全ての細菌やウイルスを濾しとってしまうことができます。

また内部には活性炭フィルターも搭載されており、水に含まれる農薬などの化学物質や重金属、そして嫌な味や匂いも取り除くことができます。

しかしフィルターの穴のサイズが小さくなればなるほど、問題となるのがその濾過スピード。

飲み水を確保するのが目的の浄水器なのに、1日に数滴しか得られないなんてことでは意味をなしません。

このLIFESAVER bottleはなんと1分で2Lの水を濾過できるため、必要な時に即座に飲み水を確保できます。

また濾過容量も重要で、LIFESAVER bottle 4000UFならこれ一本で4000Lもの水を浄化することができ、1人なら3年分の飲み水を確保することができます。

水を入れて、ポンプするだけ?!

使い方は簡単で、水をボトルに入れて、蓋を閉じ、数回ポンプするだけで、飲み口から綺麗な水が出てきます。

そのため様々なシーンにおいて活躍してくれることでしょう。

災害現場はもちろん、キャンプや山登りなどのアウトドア、そして海外旅行や出張など、たった635 gしかない携帯用の浄水器なので、どこにでも簡単に持ち運ぶことができます。

出資に関して

この記事を書いている2017年2月25日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

¥20,800 LIFESAVER bottle 4000UF x1

¥53,600 LIFESAVER bottle 4000UF x3

¥149,000 LIFESAVER bottle 4000UF x10

出資の期限は、2017年5月1日までです。

私も東日本大震災の際に被災した一人です。幸いにも自宅の水道が早期に復旧したので、水の確保には困らなかったのですが、復旧するまではどうやって水を確保しようか不安だったのを覚えています。

普段水が豊富な日本ではあまり感じることはありませんが、水というのは人間にとってものすごく重要なものです。食事を取らなくても、2〜3週間生きられるのに対し、水を飲まないと4〜5日程度で死んでしまいます。その際20%程度の水が身体から失われているのですが、そこまでいかなくとも6%程度の水が失われるだけでも頭痛や眠気、情緒不安定に、10%程度失われると筋肉のけいれんや腎不全を引き起こします。つまり5日生きられたとしても、それよりも前に動けなくなる可能性も高いわけです。

地震が多い日本ではいつでも震災のことを考え、準備する必要があることでしょう。そこでこのLIFESAVER bottleを保管しておくことで、生き延びられる可能性が高まるとしたら、準備しておいた方がいいのではないかと思います。

追記(2017年3月31日)

Amazonで販売されているのを発見しました!ちょっとお高いけど、何かあった時のために備えておくと、いざという時頼りになることでしょう。

4000UF(浄水能力:4000L)

LIFESAVER 4000UF Bottle by Lifesaver

新品価格
¥22,170から
(2017/3/31 20:52時点)

6000UF(浄水能力:6000L)

LIFESAVER 6000UF Bottle by Lifesaver

新品価格
¥28,770から
(2017/3/31 20:53時点)

元記事はこちら(アウトドア・災害対策・海外滞在に。軍も採用する携帯浄水器「ライフセーバーボトル」)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

アメリカの33州の飲料水から毒性のある物質が見つかった?!水の安全性をもう一度考える必要があるのかもしれない。
日本は水道水が安心して飲める数少ない国の一つです。それも厳格に決められた基準があるからです。今回アメリカで飲料水に毒性のある物質が見つかったと報告...
スマートスプリンクラーが水遣りを変える!オーストラリアで賞を受賞した15歳の学生が考案した新しいスプリンクラーとは?!
植物を育てるのによく利用されているスプリンクラー。でもタイマー制御では、水をやらなくていい時までやることになってしまうし、手動だとなかなか面倒だし...