猫を飼うことと精神病発症リスクの関連性の大規模調査により、危険性は極めて少ないことが判明した?!

ペットを飼うことにより、生活の寂しさを軽減したり、子供の教育に役立てようという家庭は少なく無いことでしょう。でもペットを飼うことにより、病気のリスクが高まるとしたら、あなたはどういった判断を下しますか?これまで猫を飼うことで精神病の発症リスクが高まると懸念されていましたが、新しい研究でその危険性はなさそうだということが示唆されました。

スポンサーリンク

猫とToxoplasma Gondii

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームは、ペットとして猫を飼うと精神病を発症しやすいかもしれないという過去の研究を否定する研究結果を報告した。

あまり知られていないことかもしれないが、猫を飼うとある種の精神病を引き起こすかもしれないと懸念されていた。

その理由としては、猫はToxoplasma Gondiiと呼ばれる統合失調症のような精神病を引き起こす微生物の宿主となっているからだ。

このToxoplasma Gondiiは哺乳類や鳥類に感染する微生物であり、これらほとんどの生物体内では無性生殖を行い、ネコ科の動物の腸内でのみ有性生殖を行う。

健康な成人が感染しても、ほとんど影響はでないのだが、免疫系が未熟な胎児や幼児、また免疫が低下している人が感染すると、トキソプラズマ症を引き起こし、脳炎や神経系疾患、肺、心臓、肝臓などに悪影響を及ぼす。

猫を飼うことによる精神病の発症リスクは無い?!

研究チームは1991年か1992年に生まれた5,000人を対象に、18歳になるまで調査を行なった。

もちろんそのデータには、母親が妊娠している時や子供達が成長している時期に猫を飼っていたのか、そして精神病を患ったのかというデータが含まれる。

研究初期には猫を飼っていると、子供が13歳頃に精神病を発症するリスクがわずかながらあるということが示唆されたのだが、その原因は猫ではなく他の要因であることが後に明らかとなった。

つまりは猫を飼っていることによる子供の精神病の発症とは因果関係がないことが判明したのだ。

これまでの調査との違いは?

ではなぜこれまでの研究で、猫を飼うことによる精神病発症リスクが高まると思われていたのだろうか。

これまでにも今回の調査のような研究は行われていたのだが、今回のような大規模調査ではなかったため、猫を飼うことと精神病の発症の関連性に僅かながらしかし重大な隔たりがあったためだと考えられる。

つまり大規模調査により、より正確なデータを取得でき、関連性を正しく評価できたことが今回の結果につながったのである。

しかしながらこの研究は、Toxoplasma Gondiiを直接ヒトに接触させたというわけではないので、依然としてToxoplasma Gondiiが病気を引き起こすことがあることを忘れてはいけない。

今回の研究で重要なこととしては、動物と一緒に生活することで、高まるリスクもあるということではないでしょうか。その一つとして感染症があるわけです。ヒトとペットではそれぞれ感染するウイルスや微生物が異なり、またペットにおいて無害なウイルスや微生物でもヒトにとっては健康を害することがあるということは忘れてはいけないことだと思います。

ペットを飼うということは、生活を豊かにしてくれるので、積極的に飼いたいという人も少なくないと思います。でも自分にとっても、ペットにとってもよりより生活を営むためにも、ペットを飼うことでお互いにどのようなリスクがあるのか、しっかりと把握し、また病気などになった際にはそのことを忘れずに対処するというのが必要なことでしょう。

私も将来的にはペットを飼いたいと思っていますが、憧れだけで飼うのではなく、家族の一員として迎えられるようにしたいものです。

元記事はこちら(Cat ownership not linked to mental health problems)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ソーシャルメディアネットワークはメンタルヘルスの評価に有用かもしれない?!メンタルヘルスの問題を早期に発見するために!
多くの人が利用しているソーシャルメディア。個人の日常を多くの人とシェアすることにより、共感を得たり、アドバイスを得たり、時には反感を買うこともある...
動物と一緒にゲームをして楽しむことで、動物たちの生活の質を向上させる研究
動物園に行くと様々な動物たちと出会うことができます。ですが、動物の中にはそれこそ人間の子供くらいの知能をもった動物もいます。そんな高い知性をもつ動...