遺伝子と身長の関係を大規模遺伝子調査により明らかに!病気の予測や治療においても貢献が期待。

身長は遺伝により決まっていると感じる人は多いことでしょう。研究者の中にも身長を決める遺伝子が存在すると考え、その遺伝子を同定しようとしている人がいます。しかし遺伝子は複雑な役割を担っており、なかなか大きな違いを生み出す遺伝子の同定には至っていませんでした。今回、700,000人の遺伝子を解析することで、83の遺伝子が身長を決める要因になっていることが報告されました。

スポンサーリンク

身長と遺伝子の関係

モントリール大学を含む、国際的な共同研究チームは、身長の高さに関連する遺伝子を83個発見したと報告した。

今回の調査に関わった人数は膨大であり、5ヶ国から300人以上の研究者、そして700,000人の被験者が本研究に寄与したという。

身長は遺伝する

みなさんも身長に遺伝的要因があることは感じているのではないだろうか。

背の低い両親から生まれた子供は背が低くなりがちだし、背の高い両親から生まれた子供はやはり背が高くなりがちである。

つまり遺伝子が何らかの影響を与えていることは、分かっているといっても過言ではない。

しかしながらその遺伝子を同定することは簡単な研究ではない。

これまでにもいくつかの遺伝子が身長に影響するという報告は存在する。

しかしながら発見された遺伝子の影響は一つ一つでは小さなもので、1ミリメートルの差異ほどしかないという。

膨大な遺伝子データの解析

今回研究チームは700,000人の被験者の遺伝子を調査し、250,000の遺伝的変異を解析したという。

この気が遠くなるほど膨大な数の遺伝子の解析から、最終的に83個の遺伝的変異が身長の高さに影響を与えていることを突き止めた。

この83個の遺伝的変異の中には、成長後に2センチメートル以上の身長の差を生むものもあるという。

今回発見された遺伝的変異は、特に骨や軟骨の発達、成長ホルモンの分泌やその活性化において影響を与えるものだった。

身長を決める遺伝子を解析することに意味があるのか?

みなさんの中には身長を決める遺伝子が明らかになったところで、我々の生活に何か貢献できるのか疑わしく思う人もいるかもしれない。

また遺伝子と身長の関連を調べるよりも、もっと重要な研究があるのではないかと思うかもしれない。

今回の研究は、そのような重要な課題に向けての第一段階である。

遺伝子というのは、生体内で複雑なネットワークを形成している。

一つの遺伝子が一つの病気を生じさせることもあるのだが、いくつかの遺伝子が少しずつ変異することで起こる病気も少なくない。

今回は複雑な遺伝子の複雑なネットワークと測定しやすい身長とを関連づけることにより、今後そのような重要な課題へ向けての土台を作ったのである。

例えば、健康な生活をしていても55歳までに心臓発作を起こしてしまうのはどんな遺伝子変異をもっている人なのか、白血病を患ってしまう子供の遺伝子変異はどういうものなのか、そして治療に対してどのような反応を示すのかなど遺伝子からわかることはそれこそ膨大なものである。

遺伝子を抽出し、解析するというのは、煩雑な作業であり、数が多くなればなるほど、時間がかかる。

しかしながら出来上がった遺伝子データベースはたった一つの現象、今回で言えば身長の高さ、だけに利用されるものではない。

そこから心臓発作を起こした人を抽出し、解析すれば心臓発作に関与する遺伝子変異を見つけることができるし、白血病患者の遺伝子を解析すれば、白血病に関する遺伝子変異を見つけることができるだろう。

また近年ではオーダーメイド治療の研究が進められており、適切な薬剤や投薬量を決めるためにも利用されると考えられる。

こういった大規模な調査を行う上で、今回のようなデータベースの作成とともに、その解析手法の開発は重要な研究なのである。

医学や他のバイオ研究において、今回のようなデータベースをもつということは大きな強みになります。遺伝子は一生涯で、大きく変化をするものではなく、身体的特徴や病歴をアップデートしていけば、様々なことが統計学的に明らかにすることができるからです。今回はヒトの遺伝子ですが、ヒトに限らず、例えばバイオエタノールを作り出す酵母において、どのような遺伝子をどう変異させたら、バイオエタノールの産生量にえどのような影響があったかというデータベースをもっていることが研究を加速させる重要なのです。

データベースを作成するには遺伝子を抽出し、解析し、さらに管理するという膨大な手間と時間、さらにお金がかかります。そのため国家プロジェクトとして進められることも多いです。そのようなデータベースは公開され、どんな人でも利用することが可能になっています。例えばアメリカ国立衛生研究所では、バイオ研究をよりスムーズに進められるよう、遺伝子、タンパク質、論文をデータベース化し、公開しています。

今回のデータベースも公開され、広く利用されることで、研究がさらに加速されることを願っています。

元記事はこちら

An international study on the genetics of human height published in Nature paves the way for precision medicine.

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

孤独を感じやすい要因の一つは遺伝子にあるかもしれない?!遺伝子は性格にどれくらい影響を及ぼすのだろうか?
単身者や核家族化が進み、日々孤独を感じている人もいるかもしれません。でも孤独を感じるのは肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼします。いかにしてヒトは孤...
子供の好き嫌いの原因は何?実は遺伝子が大きな影響を与えていた!子供の好き嫌いを無くすための研究とは?
小さな子供をもつ親にとって大きな悩みは食育。元気な子供に育って欲しいと思い、様々な食べ物を食べさせようとしますが、なかなか食べてくれないことも多い...