2017年4月3日。検索やSNS拡散の”パワーのすさまじさ”を知った日〜キン肉マンとロンズデーライト〜

4月3日の夜中、正確には3日に入った直後。何気なく記事を書いていた時のことです。

いつも私のMac Book AirのタスクバーにはSIGのアクセス数を表示させているのですが、なぜかいつもの数倍もの数値が。

さて一体何が起こったのか?

なかなか面白いエピソードなので、記事として取り上げ、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

アクセスが急激に上がった記事

アクセスが急激に上昇したのはこの記事。

ダイヤモンドよりも硬いダイヤモンド?!ロンズデーライトを合成せよ!
ダイヤモンドは地球上で一番硬いと言われています。ですが、実はダイヤモンドよりも硬い物質が存在することが知られています。それはダイヤモンドです!謎か...

ロンズデーライトというダイヤモンドの一種ですが、その炭素原子の並び方によって、ダイヤモンドよりも硬いダイヤモンドとして知られている物質です。

そのロンズデーライトをオーストラリアの研究チームが工業的に合成しようと研究しているという記事です。

第一に調べたこと

アクセスが急激に上がったということで、一番最初に調べたのは、どこからアクセスされているかです。

TwitterやFacebook、はてなブックマークなどのSNSで拡散されても、どこかのブログで取り上げられていても、アクセス元を見たら理由が分かります

しかし今回のアクセス元はグーグルやヤフーなどからの検索。

考えてみてください。

今回のアクセスが急上昇した記事はロンズデーライトの研究のこと。

私にとってはこれまでたくさん書いてきた科学系の記事の一つなんです。

科学系の記事が検索されるなんて、よほどのビッグニュースがない限りありえないのは、記事を書いている本人は重々承知。

メディアに取り上げられたタイミングで急上昇することはありますが、Yahoo!ニュースを見ようが、自分で検索してみようが、そんな様子も全くない。

原因解明には全くお手上げの状態だったのです。

助けの手はTwitterから

そんなお手上げ状態だったので、返答はないだろうなと思いつつTwitterでつぶやいてみたのです。

そしたらすぐに返信が。

これはもうびっくりです。

まさか漫画で、しかもキン肉マンでロンズデーライトが出てきて、それを検索する人がいたなんて、考えの及ばないところです。

それにWeb漫画であれば、検索に引っかからないことも納得です。

そして親切にも、そのWeb漫画の所在を教えてくれた方もいました。

紹介して頂いた漫画を見てさらに納得。

これは思わず検索したくなるなぁと思いました。

他にもキン肉マンでロンズデーライトが取り上げられていたのを教えてくれた方はたくさんいらっしゃいます。

みなさんありがとうございました!

何故検索されたか、考察してみる

キン肉マンでロンズデーライトが取り上げられていたのは、こんな感じです。

これが私の永年追い求めていた力

ダイヤモンドパワーを超える硬度を実現した硬度10#!

ロンズデーライトパワーだ!

引用:キン肉マン 第203話 悪魔将軍の底力!!の巻

何故これを検索したくなるのか?

第一にロンズデーライトという名前を聞いたことがないというのが一番でしょう。

聞いたことがない言葉が出てくれば、知識欲が刺激され、調べてみたくなるのではないでしょうか。

第二に実際にありそうだけど、なさそうでもある言葉であること。

「ダイヤモンドは実際にあるけども、ロンズデーライトなんて鉱物ないでしょ。ゆでたまご先生が勝手につけたんじゃないの?でもあるかもしれないし、よく分からないから検索してみるか」って思うのにちょうどいい感じの名前なんだと思います。

例えば、世界で一番硬いと言われている「ウルツァイト窒化ホウ素」だと、窒化ホウ素という言葉から「実際にありそうだよね、へ〜ダイヤモンドより硬いんだ」で終わっていたのかもしれません。

でも「ウルツァイトパワー」だったら、同じことが起きることでしょう。

何故ならウルツァイトはありそうで、なさそうな、そして実際にある言葉ですから。

(SIGではウルツァイト窒化ホウ素の記事が現在のところないので、SIGには来ないかな…)

第三にその名前からはイメージがつかないし、説明も多くは語られていないということがあるかと思います。

もしロンズデーライトがテレビで取り上げられていたとしたら、これこれこういう鉱物で、地球上で二番目に硬いですよ、という説明がされることでしょう。

そうしたらわざわざ調べる必要はないわけです。

でも

ダイヤモンドパワーを超える硬度を実現した硬度10#!

引用:キン肉マン 第203話 悪魔将軍の底力!!の巻

という説明だけでは「本当かよ?そんなものあるの?」って感じることでしょう。

つまりはロンズデーライトはそういったなんとなく検索してみたくなる条件を満たしていたものだと思われます。

アクセスはどれくら位上がったのか?

ぶっちゃけていうと、普段のSIGのPV(ページビュー)は1日で200〜300くらい。

月でいうと8,000PVくらいといったところです。

もうすぐ運営開始してから1年が経ちますが、科学系ブログとしてはなかなかいい感じのアクセスになってきていると思っています。

そしてロンズデーライトの記事で集めたPVは、1日で6,000PV超。

過去30日間で見ると、あっさり月1万PV超えして、1日で1ヶ月近く分のPVを集めたわけです。

ロンズデーライトパワー恐るべしですね。

このアクセスを継続して得ることができるか?

ブロガーにとってはやはり気になるのはアクセスを継続して得ることができるかです。

今回、1日で6,000PV超あったわけですが、同じ現象を起こし、継続してアクセスを得ることができれば、SIGも巨大ブログの仲間入りというわけです。

でもはっきり言って、同じことを狙って大量のアクセスを集めるのは、厳しいでしょう。

ロンズデーライトくらいイメージできない言葉で、取り上げられた時に漫画のように説明を簡略化されることってまずありえないです。

かといって漫画で取り上げられるのを予測して、記事を書くというのはSIGを運営する目的に反します。

あくまでも研究や開発に関する記事を紹介していくのがSIGなので、今回のような例はかなりレアなケースでしょう。

ブロガーとして大量のアクセスは欲しいのは嘘偽りない本音ですが、SIGを運営する信念は曲げられません。

最後に…

今回、たくさんの方に私のツイートや記事を拡散して頂きました。

本当にありがとうございます!

またわざわざSIGに来て頂いた方にも感謝です!

みなさんが満足して頂けた記事だったか分かりません(そこが不安だったり)が、少しでも来てよかったと思って頂けたら幸いです。

これからも世界の様々な最先端の研究を紹介していきますので、これを機に世界の研究事情に興味をもって(そしてSIGに立ち寄って)頂ける方が増えることを願っています。

追記(2017年4月5日)

ゆきにゃんさん(@yukinyan14)のブログ「めたもるゆきにゃー」でこの記事を取り上げて頂きました!

ありがとうございます!