傘をさしても濡れるなんて経験がある方必見!軸をずらして濡れにくくなった新発想の傘〜Sharely(シェアリー)〜

こんな傘を待っていた!なんて人がいそうな新しい傘の紹介です!傘を片手で持つと、どうしても逆側は濡れてしまう。そんな不便さを感じている人は少なくないことでしょう。その問題点を軸をずらすことにより解消しました!しかもこの傘、折り畳み傘なんです!これからの折りたたみ傘はこの形が主流になるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

Sharely

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、傘の軸をずらした折り畳み傘「Sharely(シェアリー)」が出資を募っています。

雨の日に濡れないようにあなたを守ってくれる傘。

女性では日傘として使っている人もいることでしょう。

でも傘を見てると思うこと、ありませんか?

竹や紙、そしてビニールとスチール、最近では撥水性を高めた素材を使うことで、確かに水はけは良くなりました。

そして小さく折りたためる傘が開発されたことにより、カバンに入れておいてもかさばらず、どこへでも持ち運べ、突然の雨にも対応できるようになりました。

さらには耐久性を高めるため、傘の骨の数を増やした製品なんかも出ています。

でも全く変わらないのが、広げた時の形。

真ん中に軸があり、そこから円形に広がっていくその形は、昔から全く変わりません。

本当にこれが傘の最終進化形態なのでしょうか?

軸が真ん中にあることのデメリット

傘の軸を持つ時、あなたはどうやって持ちますか?たいていの人が片手で持つのではないでしょうか。

でも片手で持つと、傘を持った側はしっかり雨から守ってくれるのですが、逆側は少し濡れてしまうなんてことも。

それに後ろにリュックを背負っていたら、気づいたらびしょ濡れだったなんてこともあるかもしれません。

さらにさらに、せっかく彼女と相合い傘をしているのに、彼女をびしょ濡れにしてしまったなんて経験がある人もいることでしょう。

でも全てをカバーしてくれる大きな傘は持ち運びに不便。

何かいい答えはないのでしょうか?

その答えが軸をずらすこと!

軸が真ん中にあって不便なら、ずらしてしまえばいいじゃないか!そう考えて作られたのが、Sharely(シェアリー)です!

このSharelyは人間工学に基づき、傘を開くと楕円形に開くように、そしてその軸が片側に寄るように設計されています。

しかもこの傘、折り畳み傘なんです!

普段持ち歩いて、いざという時にちゃんと濡れない傘。

これこそみんなが待ち望んでいた傘なのではないでしょうか?

En Fance

この傘を開発したのは、En Fanceという設立2年の会社です。

En Fanceというのは、フランス語で「幼少期」「生い立ち」という意味だそうです。

小さな頃の新鮮な気持ちを、いつまでももってもらえるよう、これまでの常識を打ち破る製品を作ろうと様々な商品を開発しているとのことです。

こういった様々なことに疑問をもって、開発をする人たちがイノベーションを生み出すのではないかなと思い、紹介させていただきました。

出資に関して

この記事を書いている2017年3月31日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

¥3,000 Sharely(色:ブラック) x1

¥3,000 Sharely(色:アーモンド) x1

¥5,600 Sharely(色:ブラック) x2

¥5,600 Sharely(色:アーモンド) x2

¥5,600 Sharely(色:ブラック) x1 + Sharely(色:アーモンド) x1

¥22,500 Sharely(色:ブラック) x10

¥22,500 Sharely(色:アーモンド) x10

¥22,500 Sharely(色:ブラック) x5 + Sharely(色:アーモンド) x5

出資の期限は、2017年4月27にちまでです。

記事を書いている時に、最初はあまり出資金額を見ていなかったのですが、最後にまとめていた時にその安さに気づきました。この傘、これだけ考えられて、オリジナルな形が作られているのに、出資金額はたったの3,000円なのです。まだ定価は発表されていませんが、予定定価の約20%OFFとのことなので、市場に出てくる時には3,600円くらいでしょうか。

確かに安い方を見たら、ビニール傘のように数百円で買える傘もたくさん売られています。ですが、特殊な機能をもった折りたたみ傘としては安い方なんじゃないかなと思います。私は最初定価で1万円くらいするんじゃないかと思ったくらいです。

それにしても傘というのは、生活に密着して、長い間使われてきたにも関わらず、ずっと変わっていないなぁと感じます。携帯電話なんかは、手紙からポケベル、フューチャーフォン(ガラゲー)、そしてスマートフォンとものすごく早く進化してきました。時計だって、時間を見るだけではなく、ストップウォッチとして使えたり、GPS、気圧計、高度計なんかも組み込まれているのもありますし、最近ではスマートウォッチも販売されています。

そのため傘も何らかの進化をしていい時期なんじゃないかなとずっと思ってきました。さすがに手で持たなくていい傘とか、ビニールの部分がない傘とか、絶対濡れない傘はまだ出てきていませんが、もしかしたら今回のSharelyが傘のイノベーションの先駆けになるんじゃないかななんて思っています。

元記事はこちら

折りたたみ傘の概念を変える、人間工学に基づき軸をずらした設計の折りたたみ傘「Sharely(シェアリー)」。折りたたみ傘のこんな困ったあるあるを解消してくれます。①小さくてしっかりと体を雨から守れない。②持っているカバンやリュックが濡れてしまう。③1人しか傘に入れない。 ...

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

永久磁石でツボを押すことで、手足の冷えを解消?!快適な睡眠生活を送るための装寝具がこちら!〜ぐっすリフレ〜
今は秋真っ盛り!これからどんどんと寒くなってきて、寝るのも朝起きるのも辛くなる時期に突入してきます。そんなとき特に辛いのが、手足の冷え。身体をあっ...
ヒトの共生微生物の遺伝子の網羅的解析が文化や食生活、さらには健康まで明らかにする?!
ヒトと微生物の共生関係は様々なところで解析が行われていますが、微生物の種を特定するだけでなく、その遺伝子の詳細まで調べることで、文化や食生活などの...