子供のスマートフォンの利用時間や歩きスマホを制限できるスマートフォンカバー〜OTOMOS〜

子供のスマートフォンの使いすぎが気になる親御さん必見!カバーとして、子供のスマートフォンに装着するだけで、子供のスマートフォンの利用時間や歩きスマホが制限できます。便利なスマートフォンを子供に悪影響なく使わせるために、こういったデバイスの導入を考えてみてもいいのかもしれません。

スポンサーリンク

OTOMOS

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、子供のスマートフォンの使い方を改善したり、緊急時に一斉連絡をしてくれるスマートフォンカバー「OTOMOS」が出資を募っています。

スマートフォンが広く普及した今、子供にスマートフォンをもたせる家庭もおおいことでしょう。

もちろんそれは子供といつでも連絡が取れるようにとか、GPSで居場所を確認できるとか親にとって便利や安心があるからでしょう。

でも子供がスマートフォンを持つことは、親にとっていいことばかりではないのも事実。

子供が友達とのコミュニケーションに、そしてインターネット、ゲームに長時間費やしてしまうことによる睡眠不足や学業への影響を心配している親御さんも少なくないのではないでしょうか。

また最近では、歩きスマホや自転車の運転中にスマホを使い、重大な事故が発生しているなんてことも耳にします。

スマートフォンの使用時間を決めても、歩きスマホは危ないと言い聞かせても、ついつい使いすぎたり、歩きスマホをしてしまう子供は少なくないことでしょう。

でもずっと親が監視しているわけにも行きません。

一体どうしたら、過剰なスマートフォン使用を避けられ、また子供の安全を守ることができるのでしょうか。

見守るスマートフォンケース

その答えがOTOMOSかもしれません。

OTOMOSはスマートフォンケース型のデバイスで、親のスマートフォンから、子供のスマートフォンの時間制限や歩きスマホ制限などが行えるデバイスです。

OTOMOSは1日のうちの使用可能時間を設定できる時間帯制限、一定期間の利用時間を制限できる総時間制限、歩きスマホや自転車運転中の利用制限、そして事故の時自動で通知してくれるという4つの機能をもっています。

管理は親のスマートフォンから専用アプリで行う他、ウェブサイトと通じてもできるため、スマートフォンをもっていなくてもパソコンやタブレットPCからの管理も可能です。

そして取り外しには特殊ネジ用のドライバーが必要になるため、子供が勝手に外してしまうということもありません。

子供とスマートフォンの付き合い方を今一度考えたいなという親御さんにはぴったりのデバイスではないでしょうか。

出資に関して

この記事を書いている2017年4月1日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

利用にはOTOMOS本体だけではなく、300円/月のサービス利用料が必要になるので、ご注意ください。

制限をかけることのできる機種はiPhone 6、iPhone6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusです。

¥5,400 OTOMOS Smart Shield x1 + サービス利用料1ヶ月無料

¥11,800 OTOMOS Smart Shield x1 + サービス利用料24ヶ月無料

¥23,500 OTOMOS Smart Shield x2 + サービス利用料24ヶ月無料

¥55,000 OTOMOS Smart Shield x5 + サービス利用料24ヶ月無料

出資の期限は2017年6月27日までです。

子供のスマートフォンに制限をかけるのは、インターネットフィルタリングサービスがありますが、確かに利用時間を制限できるサービスはなかったのではないでしょうか。それがカバーでできるようになるとは思っても見なかったので、面白いデバイスだなと思います。

利用時間に関しては家庭内のことだけで済むかと思うのですが、歩きスマホや自転車スマホに関しては、家族以外にも他の人を怪我させたり、事故を引き起こしてしまったり、他人の人生を狂わしかねません。でも街に出ると、子供ばかりか大人まで歩きスマホをしている人を見かけない日はないことでしょう。

車には自分を守るためのシートベルトがあり、最近では事故を起こさない、つまり他人を守るためのiSightのような衝突回避システムを搭載している車も多くなってきました。私の中ではそのうちこのような衝突回避システムが義務化される日も来るのではないかと思っています。もし歩きスマホの事故が多発するようなら、同様に歩きスマホや自転車スマホを制限するような機能がスマートフォンにつけることが義務化されるなんてこともあるかもしれません。

そうならないためにも、歩きスマホや自転車スマホをしないことをマナーとして、自主的に行える社会になってほしいものだなぁと思います。

元記事はこちら

OTOMOSはスマートフォンケースとアプリで親と子の間にある、スマホとの付き合い方改善や見守りなどの機能を提供するプロジェクトです。「OTOMOS」は実際にスマホを持つお子さんを持つお母さん・お父さん・お子さん本人や、スマホと青少年の問題を専門にする先生の声を何度も聞きながら、必要なサービスを作...

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

ベッドでのスマートフォンの利用は、入眠を妨げ、睡眠時間も睡眠の質も低下する?!
ベッドや布団に入っても、スマートフォンを使っている人は結構いるのではないでしょうか。ですがその行動はあなたの睡眠の時間を削り、睡眠の質を悪くしてい...
食事中にスマートフォンをいじるのはあり?なし?
「食事中はスマホを置きなさい!」もしかして研究者もそう思っているから、調査した? テキストはOK?じゃあSNSは? ミシガン大学の研究チームは...