猛毒ボツリヌス毒素があなたを痛みから救う!〜運動で痛めた足の新しい治療法〜

猛毒口に苦し?!いや、足の痛みが消えちゃいます!

スポンサーリンク

0.5kgで世界を滅ぼす?!

ボツリヌス菌が作り出す世界最強の毒素と言われるボツリヌス毒素。

0.5 kgあれば、世界を滅ぼすとまで言われている。わずかペットボトル一本分の重量だ。

このボツリヌス毒素は、タンパク質の一種で、神経の伝達を妨げ、死に至らしめる。

精製法が確立されたのは、第二次世界大戦時という曰く付きの毒素でもある。

猛毒ほど美しくする?

そんな猛毒でも実は結構役立っている。

美容整形手術でしわを消す注射=ボトックス注射に使用されているのだ。

顔のしわは皮膚と筋肉が直接繋がっているため、筋肉の動きによって、しわができる。

ボトックス注射では、極々少量を顔の筋肉に注射し、動きを妨げることによって、しわができないようにするのだ。

運動のやり過ぎに注意

アスリートを始め、アマチュアでもランナーやサイクリストは足の痛みを一度は感じたことがあるだろう。

健康に良いからと言って、痛みを無視して運動をすると、炎症や痛みがひどくなり、回復までに時間が掛かる。

現在では抗炎症剤やステロイド注射、それでも回復しない場合は手術となる。

何より痛みを感じて生活するのは、活動レベルが下がってしまう。

女性に5人に1人、男性では8人に1人がこのような症状に悩まされていると予測している。

ボツリヌス毒素で痛みが消えた?!

イギリスのインペリアルカレッジの研究チームが、このボツリヌス菌を使って、アスリートたちを痛みから救う研究をしている。

研究チームは、ボツリヌス毒素をスポーツで下半身を痛めた45人の患者に試験的に注射した。

その結果、69%の人はそれ以上治療が必要にならないくらい痛みが消えた。

これまでの治療では、80%の人が痛みが続き、74%の人が活動レベルが下がってしまったことと比べると劇的な効果だ。

しかも5年後の調査では、痛みから完全に解放されたとまで言っているのだ!

どんな薬でも飲みすぎたら毒になるとは言え、毒を治療に使ってしまおうという発想はすごいものですね。

現在は足の痛みの検証を行っている途中ですが、もし痛みをコントロールできるのであれば、将来的に他の部位に関しても、幅広く使用できるのではないでしょうか。

元記事はこちら(Researchers use Botox-like injection to treat sportspeople with knee pain)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

走るべきか?走らざるべきか?〜健康と大気汚染のジレンマ〜
健康のために毎日走っている人もいる人に朗報です!大気汚染が健康に与える影響を調べた研究です! 健康と運動 健康のためには、日常的に運動...
心電図と乳酸値を測定するウェアラブルデバイス〜Chem-Phys〜
最近流行りのウェアラブルデバイス。現在は中にある加速度センサーで運動量を測ってくれていますが、今後はもっと個人にあった測定をしてくれるかもしれませ...