砂糖の量を減らすことで、心臓病のリスクが減らせるかも?!生活習慣を少し変えるだけで、健康な身体に!

砂糖の摂りすぎは身体に良くない。それは分かっているけれど、やめられないんですよね。でもなぜ砂糖を摂りすぎるとなんで身体に良くないんでしょう?肥満になるから?本当にそれだけなんでしょうか。

スポンサーリンク

砂糖摂取に関する実験

カルフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームが、砂糖を摂った時に起こる身体の中の変化を調べ、その影響に関して研究を行っている。

研究チームは、肥満傾向にあり、高血圧、高トリグリセライド血症、脂肪肝などの慢性的な代謝異常をもつ9歳から18歳の子供43人を集め、実験を行った。

実験は9日間行われ、食事については脂肪分、タンパク質、炭水化物、そしてカロリー量が彼らが家でとっているものと同じ量になるように調整した食事を提供した。

ただ異なるの糖分に関するものである。

砂糖を多く用いる菓子類や甘いヨーグルト、ケーキの代わりにベーグルやピザ、ホットドックなどのでんぷん質のものに置き換え、砂糖としては1日のカロリー総量に対して、28%から10%へ減少させ、砂糖の一種であるフルクトースでは12%から4%へ減少させた。

砂糖とコレステロール

その結果、9日間の実験終了後、血中のトリグリセライドと脂肪を体内で運搬する機能のあるタンパク質ApoC-IIIの量が顕著に低下していた。

また心臓病のリスクを高める悪玉コレステロールと一般的に呼ばれているLDLコレステロールが消失することが明らかとなった。

今回の結果はこのような血中の脂肪に関わる因子がカロリーや体重変化とは関係していないことを示している。

また現在、世界中の製薬会社が血中トリグリセライドやApoC-IIIをターゲットに新しい薬を開発しようとしている。

だが今回の研究により、日々の食事から砂糖の量を減らすだけで、心臓病のリスクが30〜50%も減らせる可能性が示唆されたのだ。

確かに現代では砂糖は摂りすぎなところがあるでしょう。コーラ350mlの缶一本で角砂糖10個分(38.5 g)、500 mlのペットボトルのレモンティーでは角砂糖9個分(34.7 g)、飴1個で角砂糖1個分(3.85 g)…数え上げるときりがないですが、推奨されている砂糖の1日の目安量が50 gと言われているのを考えると、口さみしいから飴をなめて、喉の渇きを潤すためにコーラを飲んだら、50 gなんてすぐに超えてしまいます。食事の量を減らさなくても、食べるものを選ぶ、それだけでもコレステロールが減らせ、心臓病のリスクが減るのであれば、少し気にしてみるというのが重要かもしれませんね!

元記事はこちら(Cutting Sugar Causes Drop in Heart Disease Risk Factors Among Obese Children. Study Shows Sweets, Not Calories, Are Culprits in Cardiovascular Pre-Conditions.)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

子供の時に肥満になると余計に医療費がかかる?!〜世界状況と経済に与える影響に関して〜
日本でも肥満の子供の割合が年々増加しているようです。肥満で失うのは健康だけではありません。医療費も増大してしまうのです! 子供の肥満 ...
ヒトと腸内細菌と炎症と〜新生児に母乳を与えると良い理由〜
赤ん坊には母乳を与えると良いと言うけれど、どうしてでしょうか?答えは腸内細菌にあった! ヒトと菌の共生関係の形成 ヒトの腸内には多数の菌が住ん...