ストレスを見える化し、ストレス緩和を手助けしてくれるデバイス〜Lief〜

健康のためには良くないと分かっていても、現代社会でどうしても無くせないのがストレス。みなさんはどのようにしてストレス解消をされているでしょうか?運動?食事?それとも買い物?でもストレスはなかなかその場で感じられないし、その場で解消できることも少ないですよね。Liefを使えば、今まさにストレスを感じているかどうか、そしてストレス解消まで手助けしてくれます。

スポンサーリンク

Lief

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、ストレスを数値としてみせてくれるデバイス「Lief」が出資を募っています。

生活していく上で、どうしても感じてしまうのがストレス。

適度なストレスなら、生活にメリハリができていいのかもしれませんが、あまりに多いと健康を害してしまうことも。

慢性的なストレスは、ガンや心臓病などになるという研究結果もありますし、精神疾患ともリンクしているのみなさんのご存知のとおり明らかになっています。

ストレスをいかに緩和させるか、それが自分の健康を守る第一歩なのです。

HRV: Heart Rate Variability

でも問題なのはストレスがかかっている時、本人は気づいていないということ。

そこでストレスを見える化したのが、Liefなのです!

その仕組みは心拍変異度(HRV:Heart Rate Variability)。

心臓は一定の間隔で拍動しているように見えても、実際その周期はわずかに変化しているのをご存知でしょうか?

この心拍数の周期の変動のことを心拍変異度といいます。

そしてこの心拍変異度は健康な人だと大きく複雑なのですが、病気を患っていたり、ストレスを感じていると小さく、単調になるということが分かっています。

Liefは心拍変異度をモニタリングし、あなたがストレスを感じていると振動し、呼吸を促すことにより、ストレスを緩和してくれるのです!

使い方も簡単!

使い方はフレキシブルなパッチを心臓に近い肋骨に貼るだけ。

ワイヤーのない粘着式の固定なので、快適に使用することができます。

ストレス状態を知らせてくれるのは、小さなバイブレーションだけなので、わざわざ服をめくってLiefを見る必要はありません。

1日のストレス状態を見たいなんてときも、スタンフォード大学とカルフォルニア大学サンフランシスコ校で開発されたアプリを開けば一目瞭然!

どんな時にストレスを感じたのか、全て記録しておいてくれます。

出資に関して

この記事を書いている2016年12月7日現在、出資できるコースは以下のものがあります。

$179(約20,000円) Lief x1 + 充電用USBケーブル x1 + 8週間分の粘着テープ x1 + アプリ x1 + ストレスの対処法の学習キット x1 (150個限定)

$199(約23,000円) Lief x1 + 充電用USBケーブル x1 + 8週間分の粘着テープ x1 + アプリ x1 + ストレスの対処法の学習キット x1 (200個限定)

$249(約28,000円) Lief x1 + 充電用USBケーブル x1 + 8週間分の粘着テープ x1 + アプリ x1 + ストレスの対処法の学習キット x1 (200個限定)

$249(約28,000円) Lief x1 + 充電用USBケーブル x1 + 8週間分の粘着テープ x1 + アプリ x1 + ストレスの対処法の学習キット x1 + R-R intervals export option x1 (50個限定)

$269(約31,000円) Lief x1 + 充電用USBケーブル x1 + 8週間分の粘着テープ x1 + アプリ x1 + ストレスの対処法の学習キット x1 + R-R intervals export option x1 (200個限定)

$358(約41,000円) Lief x2 + 充電用USBケーブル x2 + 8週間分の粘着テープ x2 + アプリ x2 + ストレスの対処法の学習キット x2 (100個限定)

$1,395(約156,000円) Lief x5 + 充電用USBケーブル x5 + 8週間分の粘着テープ x5 + アプリ x5 + ストレスの対処法の学習キット x5 + R-R intervals export option x5 + ウェブダッシュボード x5

$1,395(約307,000円) Lief x10 + 充電用USBケーブル x10 + 8週間分の粘着テープ x10 + アプリ x10 + ストレスの対処法の学習キット x10 + R-R intervals export option x10 + ウェブダッシュボード x10

出資の期限は2017年1月11日までです。

ストレスを見える化するのは、結構長い間大きな課題となっていたのではないでしょうか?多くの研究結果が示すように、ガンや心臓病、疲労、老化に関わっているのに、個人個人がいつストレスを感じているのか分からない、さらには個人差が激しいため、分析が難しい研究の一つだったように思います。

でも少しずつ研究が進むことにより、今回のような個人がストレスを感じているのを即座に診断し、解消してくれるデバイスの開発につながったわけです。なかなか研究というものは、一足飛びには進まないことも多いですが、最終的にこのような商品になっていく可能性があると思うと、より一層頑張って研究していきたいなと思います。

ほんの少しの気持ちの持ちようでストレスは緩和できることも分かっているので、Liefのようなデバイスが普及し、誰もがストレスを見える化する時代となったら、様々な解消法が考案されることでしょう。ストレスを極力溜めない生活に向けての第一歩となるデバイスがやっと出てきたのかなと感じますね!

元記事はこちら(Lief | Smart patch that fights stress)

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

その疲労、本当に肉体的な疲れが原因ですか?腸内細菌叢の乱れが慢性疲労を引き起こしているかも?
ずっとなんだか身体が重い...慢性疲労は一体どこから来るのでしょう?腸内細菌叢の乱れが疲労を引き起こしているかもしれません。慢性疲労症...
運動時にはこれを飲むのがいい?!疲れや筋肉痛を起こしにくくなるケトン体ドリンク?!
ケトン体を聞いたことがある人は、もしかしたら良い印象をもっていないかもしれないケトン体。でも運動時に摂取すると、疲れや筋肉痛を引き起こしにくくなる...