プロバイオティクスは腸内フローラの改善に役立つが、より良い状態にする機能はない?!

腸内細菌という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。SIGでも何度か腸内細菌の記事を取り上げており、健康を保つのに重要であることを紹介しています。そこで健康を保つため、積極的にプロバイオティクス食品を摂取している人もいるかと思います。しかしすでに健康な食事をしている人には、さらに良い状態にするという効果はないことが報告されました。

スポンサーリンク

腸内細菌:腸内フローラ

ヒトの腸内には、約3万種類、100兆から1000兆個、重量にして1.5 kgから2 kgに達する量の微生物が生息しているという。

その膨大さから、ヒトの身体への影響は計り知れないものがあり、近年の研究において重要な研究分野の一つとして位置づけられている。

このように腸内に生息する微生物のことを腸内細菌といい、その多種多様な微生物が生息することを花畑に例えられ腸内フローラと呼ばれる。

その働きとしては、腸内細菌が大量に存在することで、外部から侵入した病原体を住みつかないようにする防御的効果や食物繊維を消化する役割、ビタミン類やドーパミン、セロトニンの生成など様々な役割を担っており、ヒトの健康の維持に役立っている。

そのため、食生活を始めとするライフスタイルやストレスなどでこの腸内フローラが乱れると、体調の不調や病気を引き起こすことがあるという。

プロバイオティクス

そこでこの腸内の微生物のバランスを改善したり、良い状態で維持するような製品や食品の摂取しようという動きが見られている。

このような製品や食品のことをプロバイオティクスという。

そのような食品としては、例えばヨーグルト(乳酸菌)や納豆(納豆菌)など発酵食品が主に挙げられる。

このような食品に含まれる微生物は、腸内の微生物のバランスを整えることで、腸の機能を整えたり、有害物質の生成を抑制することで、アレルギーの抑制や抗がん作用を示すと言われている。

効果があるのは不健康な人だけ?

しかしながらニューサウスウェールズ大学の研究チームは、全ての人において、このようなプロバイオティクス食品が効果があるわけではないという研究結果を報告した。

彼らは不健康な食事を与えたマウスと健康な食事を与えたマウスにおいて、プロバイオティクスの効果を検討した。

その実験としては、2週間プロバイオティクス薬を低容量、もしくは高容量与え、その後25日間健康な食事、または不健康な食事を与え、その効果を見るというものだ。

そして健康な食事を与え、プロバイオティクス薬を与えていないグループ、健康な食事で低容量のプロバイオティクス薬、健康な食事で高容量のプロバイオティクス薬、まや不健康な食事においても同様のグループに分け、6グループにおいて、効果の検討を行なった。

その結果、不健康な食事を与えたマウス、つまり腸内フローラが乱れているマウスにおいては、腸内フローラの改善に役立ち、脳の機能が改善することを確かめた。

しかしながら、健康な食事を与えたマウス、つまり腸内フローラが正常なマウスにおいては、そのような効果は見られないことを明らかとした。

つまりこのようなプロバイオティクス薬は腸内フローラの改善には役立つのだが、腸内フローラをさらに良くする効果はないということである。

プロバイオティクス食品は、腸内フローラが悪い状態を正常な状態にもっていくのには役立ちますが、良い状態をさらに良くするという効果はないという研究でした。だからといって、プロバイオティクス食品を摂る必要はないと考えるのは良くないと思われます。つまりプロバイオティクス食品を摂取し続けることにより、腸内フローラを良い状態に保つことが重要であると考えられるのです。

腸内フローラは、人間のライフスタイルやストレス、それに伴う体調により、変化することが知られています。常に一定で、変化しないわけではないのです。このような環境の変化により、腸内フローラが悪くなることは人間誰しもあり、それを防ぐためにも身体に良い菌を摂取し続けるというのは十分に意味のあるものだと考えられます。

ただ、どんなものでもこれを摂っていれば大丈夫という食品はありません。あくまでもプロバイオティクス食品は、日々の健康を保つ”助け”をしているのであり、病気にならないということを保証するわけでもなければ、病気を治す薬でもありません。

こういった健康食品が自分の身体にどのような効果をもたらすのか、どんな病気を予防できるのか、またどんな病気に対して効果があるのかということをしっかりと把握し、”摂取し続ける”ことが重要だと考えられます。この記事を読んでいただいた方には、ぜひこれを良い機会とし、今一度、健康食品と自分の健康に関して考えていただければなと思います。

元記事はこちら

この記事を読んでくれたあなたへひろやんからのオススメ記事

その疲労、本当に肉体的な疲れが原因ですか?腸内細菌叢の乱れが慢性疲労を引き起こしているかも?
ずっとなんだか身体が重い...慢性疲労は一体どこから来るのでしょう?腸内細菌叢の乱れが疲労を引き起こしているかもしれません。慢性疲労症...
腸内細菌がパーキンソン病を引き起こす原因だった?!脳と腸の奇妙な関係とは?!
高齢化社会になるにつれ、パーキンソン病やアルツハイマー病など神経変性疾患を患う人が増えてきています。そのため医療としても、これらの神経変性疾患をど...